現在地

INTEROP TOKYO 2013に出展します

NTTデータ先端技術は、2013年6 月12日(水)~14日(金)、幕張メッセにて開催のINTEROP TOKYO 2013に出展いたします。
INTEROPは、今回で20回目の記念開催を迎える最先端ICTテクノロジーの総合展示会です。
NTTデータ先端技術は、データセンターのエネルギーコントロールの標準化を目指し、今春新たに参加した「東京大学グリーンICTプロジェクト」のブースに「データセンターむけ直流給電ソリューション」の展示と、「クラウド」「HVDC」のなどの最新動向をお伝えするコンファレンスへの登壇を行い、お客さまのシステムに役立つソリューションを展示と講演の両形式でご紹介します。
ブースへのお立寄り、コンファレンスのご聴講をお待ちしております。

イベント名

INTEROP TOKYO 2013

日時

6月12日(水) 10:30~18:00
6月13日(木) 10:00~18:00
6月14日(金) 10:00~17:00

会場

幕張メッセ

当社出展(講演)内容

コンファレンス

6月12日(水) 12:50~14:20 (NC-02)
パブリッククラウドとプライベートクラウドの使い分け方

チェア:
三宅 功(NTTデータ先端技術株式会社・代表取締役社長)

スピーカー:
関 洋介(NTTコミュニケーションズ株式会社)
澤 円(日本マイクロソフト株式会社)

6月12日(水) 16:30~18:00 (NC-09)
直流給電から始まるデータセンター電力マネジメント

チェア:
三宅 功(NTTデータ先端技術株式会社・代表取締役社長)

スピーカー:
山下 俊明(株式会社ムラタエレクトロニクス)
藤井 康平(日本アイ・ビー・エム株式会社)
村 文夫(NTTデータ先端技術株式会社)

ブース出展

小間番号:6C01「東大グリーンICTプロジェクト」ブース 
・ブース概要
東大グリーンICTプロジェクトでは、2008年に活動を開始して以来、ICTを活用した施設管理、エネルギー管理に在り方について検討、技術検証を行なってきており、2011年3月にはその成果の一部である施設/エネルギー管理のためのネットワーププロトコルがIEEE1888として国際標準規格として認定された。
本展示では、IEEE1888やその他周辺技術を活用したメンバー企業の製品化、取り組み事例について幅広く紹介する。
また、本年度、データセンターにおける直流電源利用の標準化検討部会を立ち上げており、その取り組み概要について紹介する。

・当社展示内容
- DC12V方式直流給電システム

※敬称略