現在地

CTI/CRM総合ブランド『VOISTAGE』をNTTデータ先端技術に移管

プレスリリース - 08.07.01

株式会社NTTデータは、CTI/CRM製品の総合ブランド「VOISTAGE®(ボイステージ)※1」の事業強化を目的として、平成20年7月1日をもって、VOISTAGEの開発・販売ならびにサポート全般をNTTデータグループ会社であるNTTデータ先端技術株式会社に移管します。

1997年にNTTデータにて開始したVOISTAGEは、市場の急速な拡大やコールセンタの普及等により、現在では 3000ユーザー/販売累計10万回線を超えるまでに成長いたしました。一方、昨今のIPテレフォニーの急速な普及や次世代ネットワーク基盤NGNへのシフトが始まるなど、市場を取り巻く環境は大きく変化し、CTI/CRMを取り巻くビジネスモデルも大きな転換期に差し掛かっています。

ついては、こうした変化に対応し、VOISTAGEに関する更なるサポートの強化と品質の向上、さらに次世代ネットワーク基盤に対応した新製品開発への注力を目的として、現在NTTデータで推進しているVOISTAGEビジネスに関わる一切の業務を、CTI/CRM分野における専門性の高い技術開発力を有するNTTデータ先端技術に集約します。

当社はCTI/CRMの基盤となる情報・通信システムの構築に関わる専門技術やオープンソースソフトウエアやWebコンピューティングなど、これからのシステムやネットワークに求められるノウハウを有し、また、VOISTAGEのIP製品「astima®(アスティマ)」やastimaとシステム連携するアプライアンス製品「コリドラボックス」の開発・販売を行うなど、すでにVOISTAGE事業に関する多くの実績を有しています。これらの技術開発力と実績を活かし、VOISTAGEビジネスの一層の事業拡大を目指します。

移管の内容

  • VOISTAGE製品の開発・販売・サポートに関わる業務やサービス
  • VOISTAGEに関わる営業権や知的財産権・著作権

移管の目的

  • IPやNGNなど、VOISTAGEを取り巻くネットワーク環境がより高度化・複雑化する中、NTTデータ先端技術のもつ専門性の高い技術開発力によって、柔軟かつ専門性の高い技術開発力によって、VOISTAGE製品のラインナップ強化を図る。
  • サポート・コンサルティングサービスの質的・量的な充実によって、お客様への支援体制を強化する。

※1 VOISTAGE
NTTデータが1997年に市場投入した、CTI/CRMの専門ブランド。ハード/ソフト一体開発・ソリューションパートナー販売など、特徴的な開発・販売システムで成長を続けてきました。2007年からは当社が中心となって開発したIP製品「astima®」を加えるなど、新しい環境やニーズに対応した製品ラインナップの充実を図っています。
VOISTAGE に関する詳細な説明は、VOISTAGEのご紹介ページをご参照下さい。

本件に関するお問い合わせ先

ソリューション事業部企画担当(nakawataseh@intellilink.co.jp)まで