現在地

ナレッジベース管理機能を強化した 「テクノマークメール®」の新版V1.9を発売 〜 お客様の生の声を活かすナレッジ・メンテナンスサイクルを強力に支援 〜

プレスリリース- 09.10.08

NTTデータ先端技術株式会社

NTTデータ先端技術株式会社(東京都江東区、代表取締役社長:山田 伸一、以下、NTTデータ先端技術)は、FAQ・ナレッジ管理ツール「テクノマークFAQ」との製品統合により、ナレッジベース管理機能を強化したEメールカスタマーサポートツール「テクノマークメール」の新版V1.9の販売を開始いたします。


お客様と企業のコミュニケーション手段として、EメールやWebなどインターネットの重要性が高まり、インターネットを経由した問い合わせなどのコンタクト件数も増加しています。そのような状況の中、従来のメールソフトを利用して処理を行っているお客様対応窓口では、対応コストの増大と回答品質などに起因する不適切な対応からお客様満足度の低下といった課題に悩まされています。
『テクノマークメール』は、EメールやWeb、ブログなどのインターネット経由でのお客様接点を中心に電話やFAXによるコンタクトを統合管理し、オペレータが適切かつ迅速に対応するためのきめ細かい業務支援機能を備え、インターネット時代のコンタクトセンターのCRM(顧客情報管理)を「低コスト」で実現するカスタマーサポート業務向けツールです。

今回、提供を開始する新バージョンV1.9では、FAQ・ナレッジ管理ツール『テクノマークFAQ』と製品統合することで、お客様対応窓口に集まるお客様の声を迅速かつ、よりスムーズにナレッジ(知識・情報)として共有し、メール回答時の例文やFAQとして活用することができます。
また、同時に提供を開始する『Eセルフサービスオプション』の新バージョンV1.9と組み合わせることで、承認フローに基づき、蓄積したナレッジをさらに外部公開サイト上へFAQとして公開することができます。
これにより、お客様の声をもとにしたナレッジを社内で利用するだけでなく、お客様の声から作成したFAQを公開することで、的を射た使えるナレッジを維持・メンテナンスするサイクルを実現します。

さらに、『テクノマークメール』バージョンV1.9では、ユーザーの声に応えた次のような機能を強化しています。

日本語解析機能の標準提供

V1.9では、これまでオプション製品として販売していた日本語解析機能が、基本システムの標準機能となります。これにより、Eメールの高度な自動処理やナレッジベースの自然文検索機能などの充実した機能を安価にご利用いただくことができます。また、新しい日本語解析機能は新たにLinux環境にも対応しており、プラットフォーム選択の自由度がさらに向上します。

セキュアメールプロトコルへの対応

ニーズの多かったSMTPS (SMTP over SSL)やPOP3S (POP3 over SSL)などのセキュアなメールプロトコルに対応しました。これにより、Webやメールサーバーを配置したデータセンターと企業の間で、よりセキュアなメール送受信が可能になります。また、暗号化メールの方式であるS/MIMEメールの受信にも対応しています。

誤送信防止対策への対応

高まる誤送信防止対策の要望に応え、メール送信操作完了後から一定間隔をおいて、実際にメールを送信する遅延送信機能を提供します。これにより、メール送信操作の直後に、送信の取り消しや修正が行えます。

ユーザー定義による多目的アラート

V1.9では、「着信件数アラート」「未完了件数アラート」「回答期限アラート」などの従来からある、あらかじめ条件や目的が決まったアラートに加えて、設定権限を持つ管理者が任意の条件でアラートを作成することができる「条件付きアラート」機能を追加しました。例えば、オペレータ入力により、特定の分類項目が閾値を超えて選択された場合にアラートをあげて通知するなど、ユーザー定義による多目的なアラート設定が可能になります。

FAX 送受信 (ApeosPort®連携)

富士ゼロックス株式会社の複合機ApeosPortと連携し、ApeosPortで受信したFAXをテクノマークメール上でコンタクトとして統合管理し、またApeosPortを経由したFAX送信することができます。

注: テクノマークメールと複合機ApeosPort以外に富士ゼロックス社のApeosWare Flow Service®、DocuWorks®、エイセル社のDocWays®などのソフトウェアを組み合わせたシステム構成が必要です。


■ 販売時期および販売価格

  • 販売開始: 2009年10月9日
  • 販売価格: テクノマークメール 基本システム(同時ログイン5user付属) 400万円〜 (税別)
          テクノマークメール Eセルフサービスオプション(1サーバー) 200万円〜 (税別)

※ テクノマークメールは、NTTデータ先端技術株式会社の登録商標です。
※ ApeosPort、ApeosWare Flow Service、DocuWorksは富士ゼロックス株式会社の商標、商品名です。
※ DocWaysはエイセル株式会社の登録商標です。
※ その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。


関連情報URL:

本件に関するお問い合わせ先