現在地

新春のご挨拶

お知らせ - 2020.01.06

明けましておめでとうございます。
2020年、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
昨夏、弊社NTTデータ先端技術株式会社は設立20周年を迎えることができました。これもひとえに弊社を支えて頂いたみなさまのご支援、ご愛顧の賜物と改めて心から感謝申し上げます。

昨年、2019年のIT業界においては、ここ数年注目され続けているデジタル・トランスフォーメーション(DX)の潮流により、クラウド関連技術の活用需要が加速の一途をたどり、ますます我々の社会、市民生活、そしてビジネスに深く関与・直結する重要なものとなってきました。また、長らく活用への模索が続いていたAI(Artificial Intelligence)分野においても、次世代移動通信規格5Gへの注目とも相まって、着実に事業適用への歩みが進んでいます。さらにセキュリティ領域においては、攻撃者がもつ設備や能力などの多様な情報を相関的に分析・整理することで、これまで拾い上げることができなかったような攻撃の予知等に活用可能な「脅威インテリジェンス」という言葉も、徐々に注目されるようになってきました。

この20年間、ITは加速度を上げ変化し、次々と新たなテクノロジーが創出されました。このような環境下において、私たちは常にその根幹となる要素技術をしっかりと捉え、時代の潮流に追随してきたことで、ぶれることなく成長・拡大を続けることが出来たと考えております。
今年、2020年は弊社にとって中期経営計画の中間年にあたります。計画達成に向け、今後も堅調な事業拡大を目指しながらも、新規ビジネス、新規商材開発等、新しい事業領域にも積極的にチャレンジする所存です。

弊社英名は「NTT DATA INTELLILINK」です。企業理念ともつながる「INTELLILINK」という言葉は「Intelligence(知性)」を「Link(つなげる)」といった意味合いが込められています。技術を通して“知”をつなぐハブカンパニーとして、社員一丸となって高付加価値なサービスの提供を追求し、微力ながらも社会のさらなる発展に寄与するよう頑張ってまいります。

本年もどうぞ引き続き、ご支援、ご愛顧いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

令和二年 新春

NTTデータ先端技術株式会社
代表取締役社長 青木 弘之