現在地

日本IBM(Power Systemsシリーズ)

概要

高性能で、かつ信頼性、安全性、拡張性、柔軟性の高いPowerサーバーは、小規模から大規模まで幅広いビジネス・ソリューションに最適です。

製品の特徴

Power Systemsは、アナリティクスのパフォーマンスを最適化するイノベーションを用いて、ビッグデータのために設計されています。クラウドの優れた経済性と、スケールアウトまたはスケールアップ機能を、セキュリティーが組み込まれた基盤とともに提供します。Power Systemsは、OpenPOWER Foundationの中核をなすオープンなサーバー・プラットフォームとして、新しいテクノロジーの開発と提供に変革をもたらします。

製品詳細

Power8 ラインナップ ※製品イメージをクリックするとIBM製品サイトへジャンプします

  製品名 製品概要 製品イメージ
Linux専用サーバー IBM Power System S812L/S822L
  • Linux専用サーバー
  • OS:RHEL、SUSE Linux(SLES)、Ubuntu
  • 仮想化基盤:PowerVMと、PowerKVMを選択可能
  • ドライブ:2.5"x12台 または 2.5"x8台+1.8"SSDx6台、DVD
    • S812LはPower8を1個(10/12コア)、メモリ512GB、PCIeアダプタ6枚
    • S822LはPower8を2個(計20/24コア)、メモリ1TB、PCIeアダプタ9枚
  • 筐体/電源:2U ラックマウント/200V
IBM Power System S812L/S822L
Linux専用サーバー(HPC専用) IBM Power System S824L
  • Linux(Ubuntu)専用サーバー
  • OS:Ubuntu
  • 仮想化ソフト(PowerVM、PowerKVM)は使用しない
  • SFF ハードディスク (HDD)/ ソリッド・ステート・ドライブ (SSD) ベイ×12
  • Power8を2個(計20/24コア)、メモリ1TB、PCIeアダプタ11枚
  • 筐体/電源:4U ラックマウント/200V
IBM Power System S824L
小規模 IBM Power System S814
  • OS:AIX、IBM i、Linux on POWER
  • CPU:Power8(6/8コア)1個
  • メモリ:最大512GB、Active Memory Expansion(メモリ圧縮, AIXのみ)利用可能
  • ドライブ:2.5"x18台+1.8"SSDx8台 または 2.5"x12台、DVD
  • PCIeアダプタ:7枚
  • 筐体:4Uラックマウント/200Vまたはタワー/100V
IBM Power System S814
IBM Power System S822
  • OS:AIXとLinux on POWER
  • CPU:Power8(6/10コア)1個または2個、最大20コア
  • メモリ:最大512GB(1CPU)/1TB(2CPU)、Active Memory Expansion(メモリ圧縮, AIXのみ)利用可能
  • ドライブ:2.5"x12台 または 2.5"x8台+1.8"SSDx6台、DVD
  • PCIeアダプタ:6枚(1CPU)または9枚(2CPU)
  • 筐体/電源:2U ラックマウント/200V
IBM Power System S822
中規模 IBM Power System S824
  • OS:AIX、IBM i、Linux on POWER
  • CPU:Power8(6/8/12コア)を1個または2個、最大24コア(12コアCPUは2個)
  • メモリ:最大512GB(1CPU)/1TB(2CPU)、Active Memory Expansion(メモリ圧縮, AIXのみ)利用可能
  • ドライブ:2.5"x18台+1.8"SSDx8台 または 2.5"x12台、DVD
  • PCIeアダプタ:7枚(1CPU)または11枚(2CPU)
  • 筐体/電源:4U ラックマウント/200V
IBM Power System S824
大規模 IBM Power System E870 ビルディングブロック1台あたり
  • OS:AIX、IBM i、Linux on POWER
  • CPU:Power8(32/40コア)
  • メモリ:最大2TB、2015年には4TBに増加予定
  • ドライブ:DVD (内蔵HDDはディスクドロワーを追加して搭載)
  • PCIeアダプタ:8枚
  • 筐体/電源:7Uラックマウント/200V
最大構成はビルディングブロックx2台分
IBM Power System E870
IBM Power System E880 ビルディングブロック1台あたり
  • OS:AIX、IBM i、Linux on POWER
  • CPU:Power8(32/48コア)
  • メモリ:最大4TB
  • ドライブ:DVD (内蔵HDDはディスクドロワーを追加して搭載)
  • PCIeアダプタ:8枚
  • 筐体/電源:7Uラックマウント/200V
最大構成はビルディングブロックx4台分
IBM Power System E880

Power7/7+ ラインナップ ※製品イメージをクリックするとIBM製品サイトへジャンプします

  製品名 製品概要 製品イメージ
小規模 IBM Power 720 Express
  • OS:AIX、IBM i、Linux(RHEL, SLES)
  • CPU:Power7+(4/6/8コア)1個
  • メモリ:最大512GB、Active Memory Expansion(メモリ圧縮, AIXのみ)利用可能
  • ドライブ:2.5"x6台 または2.5"x8台、DVD
  • PCIeアダプタ:9枚、最大拡張25枚
  • 筐体:4Uラックマウント/200Vまたはタワー/100V
IBM Power 720 Express
中規模 IBM Power 740 Express
  • OS:AIX、IBM i、Linux(RHEL, SLES)
  • CPU:Power7+(4/6/8コア)1個または2個
  • メモリ:最大512GB(1CPU)/1TB(2CPU)、Active Memory Expansion(メモリ圧縮, AIXのみ)利用可能
  • ドライブ:2.5"x6台 または2.5"x8台、DVD
  • PCIeアダプタ:内蔵9枚、最大拡張45枚
  • 筐体/電源:4Uラックマウント/200V
IBM Power 740 Express
IBM Power 750 Express
IBM Power 760 Express
  • OS:AIX、IBM i、Linux(RHEL, SLES)
  • CPU:Power7+ DCMモジュール(8コア:750、12コア:760)1個~4個
  • メモリ:最大1TB、Active Memory Expansion(メモリ圧縮, AIXのみ)利用可能
  • ドライブ:2.5"x6台、DVD
  • PCIeアダプタ:6枚、最大拡張46枚
  • 筐体/電源:5Uラックマウント/200V
IBM Power 750 Express
IBM Power 760 Express
大規模 IBM Power 770 ビルディングブロック1台あたり
  • OS:AIX、IBM i、Linux(RHEL, SLES)
  • CPU:Power7+ 12/16コア
  • メモリ:最大1TB、Active Memory Expansion(メモリ圧縮, AIXのみ)利用可能
  • ドライブ:2.5"x6台、DVD
  • PCIeアダプタ:6枚、最大拡張46枚
  • 筐体/電源:4Uラックマウント/200V
最大構成はビルディングブロックx4台分
IBM Power 770
IBM Power 780 ビルディングブロック1台あたり
  • OS:AIX、IBM i、Linux(RHEL, SLES)
  • CPU:Power7+ 16/32コア
  • メモリ:最大1TB、Active Memory Expansion(メモリ圧縮, AIXのみ)利用可能
  • ドライブ:2.5"x6台、DVD
  • PCIeアダプタ:6枚、最大拡張46枚
  • 筐体/電源:4Uラックマウント/200V
最大構成はビルディングブロックx4台分
IBM Power 780
IBM Power 795
  • OS:AIX、IBM i、Linux(RHEL, SLES)
  • CPU:Power7 256コア
  • メモリ:最大16TB、Active Memory Expansion(メモリ圧縮, AIXのみ)利用可能
  • ドライブ:最大832台
  • PCIeアダプタ:最大640枚
  • 筐体:24インチ専用ラック
IBM Power 795