モジュール開発ガイド

Drupalには以下の3種類のモジュールあります。(3 C)

1.Coreモジュール
Drupal本体に含まれる、コア開発者とコミュニティに承認されているモジュール。
2.寄贈モジュール
コミュニティ・メンバーが開発した、Drupalと同じGNU Public License (GPL) で共有されるモジュール。
3.カスタムモジュール
開発者がサイト限定で特定の使用目的のために作成したモジュール。

本セクションは、独自のモジュールを作成したり共有プロジェクトを通してコミュニティと連携する際にDrupal開発のハンドブックとして参考になるでしょう。

独自のモジュールを開発する前に以下のDrupal開発のハンドブックのセクションをよく読んでおきましょう。

開発者向けのモジュールに関する資料については、Drupalでモジュール開発を参照してください。

コアシステムを選ぶ

開発に関する知識が身に付いたら、Drupalのどのバージョンを対象としてカスタムモジュールを作成するのかを決めましょう。個々の状況に応じて選択が必要となりますが、バージョンが決まったら「Drupal xのモジュール作成」のリンクにアクセスし、選択したバージョンのDrupalコアやモジュールのサンプルをダウンロードし、チュートリアルやコミュニティのドキュメントを全て読んでしまったら、選択したバージョンのAPIドキュメントを参照しましょう。

競争より共同開発

モジュールの重複はDrupalコミュニティにおいて重要な問題になりつつあります。ユーザーが選択に困るような数々の類似プロジェクトを開発するよりも、一つの優れたプロジェクトを協力して改良していくことの方が価値があるということです。まず、既存モジュール および テーマを検索して、自分のプロジェクトを機能追加として公開するか既存プロジェクトの改訂版として公開するかを判断してください。これで時間の節約も可能ですし、コミュニティにもよい貢献をすることができます。

API種類のサンプルコードについては、サンプルプロジェクトを参照してください。
モジュール作成については、以下の手順を参照してください。

翻訳元URL:https://www.drupal.org/developing/modules