Drupalの特性

Drupalはパワフルで柔軟なコンテンツ・マネジメント・システムであり、種類を問わず様々なウェブサイトの構築を可能とします。以下にDrupalの優れた特徴をいくつか示します。

機能のカスタマイズ容易性

ウェブサイトビルドツールやWordPressの制約に不満を抱いていませんか?Drupalがそれを解消してくれるでしょう。Drupalは、高度なカスタマイズ性をもち、ウェブアプリケーション開発とともにサードパーティーのAPIを利用したマッシュアップも可能にします。

拡張の柔軟性

Drupalは、ウェブサイトへの柔軟な機能拡張を可能とします。例えば、最初はブログのみだったサイトにWiki・eコマース・フォーラムなど様々なコンテンツタイプを追加することができます。

複雑なコンポーネント

Drupalを利用すれば、複雑なフォーム、ワークフロー、多言語サイト、マルチサイト等が簡単に実現できます。また、eコマースからディレクトリ・イメージギャラリーにまで至る幅広いウェブサイトに対応した優れた機能を提供する1万6千以上のモジュールも利用することができます。

ウェブサイトの構成変更の柔軟性

Drupalは他のウェブサイトや技術と簡単に連携できます。他のDrupalサイトとの連携ももちろん可能です!

カスタマイズ可能なコンテンツ

Drupalを利用すれば、独自のコンテンツタイプが定義できます。例えば、ディレクトリリストを作成するためのカスタムフォーマットを定義したり、ページにカスタムフィールドを追加することができます(Drupan7より標準機能となったCCKモジュール等)。これは、よく使われるDrupalの機能の一つです。

情報の一覧表示、ソートおよび検索

情報一覧の編集・表示が簡単にできます。

しかしながら、次のような特定の用途には、Drupalは適さない可能性があります。

単純に個人的なブログサイトを作りたい場合、「WordPress」のようなブログ専用のプラットフォームや「Blogger」のようなオンラインブログソリューションが最適かもしれません。Drupalも優れたブログプラットフォームを提供しますが、ブログ専用のソフトなら、技術的な管理が少なくカスタマイズおよびブログ投稿がより簡単にできるでしょう。

Wikiを作成したい場合、「MediaWiki」のような専用ソフトや「オンラインのWikiソリューション」を使用したほうがよいかもしれません。Drupalを誰でもコンテンツが編集可能となるように設定を変更することもできますが(さらに「wikitools」や「Diff」のようなモジュールを利用して高度なWiki機能の利用が可能となりますが)、専用のソリューションを使えば、より簡単に利用できると思います。

単純にディスカッションフォーラムを立ち上げたい場合、「SimpleMachines」や「phpBB」のようなフォーラム機能に優れたシステム、または「Vanilla」のようなプラグイン豊富なソフトを利用する方が良いかもしれません。カスタムフォーラムが必要な場合は、Drupalのフォーラムを「Advanced Forum」のようなモジュールによって機能拡張して利用するのをおすすめします。

注:上記のソフトウェアを評価する際、定期的にセキュリティ対策やアップデートが行われていることか常に注意深く確認してください。Drupal.orgは、外部リンクの貼られた上記ソフトウェアについては保証しません。Drupalのセキュリティ詳細については、このページを参照してください。
リリースされるたびにDrupalはさらに使いやすくなってきていますが、他のパワフルなツールと同じく、Drupalにも学習曲線があります。Drupalの技術を身につけるために時間とコミットメントが必要です。時間と労力を注ぐことが難しければ(または、Drupalエキスパートを採用することができなければ)Drupalは、最適な選択肢ではないかもしれません。

翻訳元URL:https://www.drupal.org/node/346217