Drupalのバージョンを選ぶ

本セクションは、Drupalコアと寄贈モジュールのバージョンの採番ルールについて説明します。バージョン番号の意味やDrupalサイトを構築する際にどのように利用したら良いかの参考になるでしょう。

Drupal coreはどのバージョンをインストールすればよいでしょうか?

簡単にいうと、推奨のオフィシャルリリースバージョンをインストールすればよいでしょう。オフィシャルリリースについては、Drupalプロジェクトを参照してください。

Drupalは常に2つのメジャーバージョンをサポートしています。現在サポートされているのは、 Drupal7 およびDrupal8です。これらのバージョンは、定期的に更新されています。例えば、Drupal7では、7.0、7.1、7.2といった様々なバージョンがあって、次々とリリースされています。これらのバージョンは、まとめて「7.x」として呼ばれることがありますが、同一のバージョンではありません。最新のバージョンは、以前のバージョンで発生した不具合の対応と同時に重要なセキュリティーアップデートを含むことがあります。従って、Drupal7とDrupal8のいずれの場合も、必ず最新バージョンを使用してください。

Drupal7とDrupal8のどちらを選択するかについては、考慮すべき点がいくつかあります。Drupal8は最新であり、Drupal7と比べて、より長期にわたりサポートされ、より多くの機能や拡張モジュールが追加されていくでしょう。従って、全てが同じであるならば、Drupal8を使用すればよいでしょう。ただし、メジャーバージョンと互換性のある寄贈モジュールテーマ翻訳、インストールプロフィール等のリリースは、Drupal本体のリリースから遅れることもあるので、必要な機能がDrupal8には備わっていない場合もあり、選択が難しいかもしれません。

Drupal8の詳細については、Drupal8.0を参照してください。

寄贈モジュール、テーマ、翻訳はどのバージョンをインストールすればよいでしょうか?

モジュール、テーマ、翻訳のプロジェクトページから、現時点で保守管理者によってサポートされている「オフィシャルリリース」のバージョンをインストールしてください。バージョン番号の最初の数字により、モジュール、テーマ、翻訳と互換性のあるDrupalコアのメジャーバージョンを判別することができます。例えば、バージョン番号が「7.x-1.2」のモジュールはDrupal7でのみ使用可能であり、バージョン番号が「8.x-1.2」のモジュールはDrupal8でのみ使用できます。

次のリリースはいつでしょうか?

新しいDrupalコアの安定版リリースは、特定のリリーススケジュールで行われています。

  • 不具合対応(パッチ)のリリースは、毎月第一水曜日に行われます。
  • セキュリティに関するリリースは、毎月第三水曜日に行われます。
  • Drupal8のマイナーバージョンアップは、6か月おきの第一か第三水曜日に行われます。

リリーススケジュールに関する詳細は、Drupalコアのリリースサイクルを参照して下さい。

リリーススケジュールに関しては、必ずその日にリリースが行われるというわけではなく、あくまでサイト管理者の目安となるように設けられています。

特に不具合対応(パッチ)とマイナーバージョンのリリースに関しては、リリースの日程が決まると、その数日前にコードが凍結され、Drupalコアのアナウンスメントグルーブで次のリリースが告知されます。また、Tiwitterアカウント@drupalcorePlanet Drupalでも告知があります。これは、Drupalのコードを最新にして品質を高めるのによい機会となるでしょう。リリーススケジュールと関連するコードの凍結は、火曜日の12:00(UTC)に始まり、木曜日の12:00(UTC)まで続きます。

セキュリティーリリースは別のプロセスで扱われており、特定のリリーススケジュールでコアをリリースするかどうかはDrupal・セキュリティチームによって非公開に最終決定され、セキュリティ対応が完了し、ダウンロードの準備が整ったら、リリースのアナウンスメントのみが行われます。

活発な攻撃を受けてしまうようなセキュリティ脆弱性、Drupalの使用を妨げるような深刻なバグ、あるいは休日などの場合は、例外的に上記のスケジュールとは別でリリースされることがあります。スケジュールの変更については、Planet Drupal(とDrupalコアグループ)経由で事前にアナウンスされます。

利用中のDrupalのバージョンはどのように確認すればよいでしょうか?

Drupal6以降のバージョンでは管理者メニューより「管理」→「レポート」→「サイトの状態」を開くと、バージョンが表示されます。Drupal5.xとそれより前のバージョンの場合、メニューは「管理」→ 「ログ」→ 「ステータス・レポート」となります。もしそれでも確認できない場合、Drupalのルートディレクトリにある「CHANGELOG.txt」ファイルで利用中のバージョンが確認できます。「CHANGELOG.txt」が存在しない場合、「includes/bootstrap.inc」に以下ような記述があるので確認してください。

define('VERSION', '7.16');

Drupal7より前のバージョンの場合、上記の記述はmodules/system/system.moduleにあります。
上記のいずれかの方法で利用しているDrupalのバージョンが確認できます。どの方法でもバージョンが確認できない場合は、4.7.2より以前のバージョンということになります。

利用中のモジュールやテーマのバージョンはどうように確認したらよいでしょうか?

モジュールやテーマの管理画面でインストール済みのモジュールやテーマのバージョンを確認できます。Drupal7では、 管理者メニューの「管理」 → 「モジュール」「管理」→ 「テーマ」 にアクセスすると、バージョンの一覧がが表示されます。(Drupal6の場合、「管理」 → 「サイトの構築」→「モジュール管理」「管理」 → 「サイトの構築」 → 「テーマ」から確認してください。)

アップグレードと下位互換性について

アップグレードと下位互換性については、Drupalの下位互換性に関する考え方概要を参照してください。

Drupalのバージョンに関する詳細情報

上級ユーザ向けの詳細情報については以下を参照して下さい。

翻訳元URL:https://www.drupal.org/documentation/version-info