Security Orchestration

セキュリティ運用業務を確実に実施したいが、
セキュリティエンジニアの人材不足で実現できないお客さまにご提案します。

組織にあるセキュリティデバイスのログや外部のセキュリティインテリジェンス情報などの
インプット情報により、あふれかえるほど多くの調査やインシデント対応を一つのプラットフォームで
自動化するSOARをはじめとするツールの導入で効率的にセキュリティ運用をリニューアル

セキュリティ運用業務を確実に実施したいが、
セキュリティエンジニアの人材不足で実現できないお客さまにご提案します。

SOARソリューションの導入により、
ベストプラクティスに裏付けされた網羅的なセキュリティ運用を
効率的に実現することをご支援いたします。

事例

事例1:

SOAR(Security Orchestration, Automationand Response)ソリューション

Business Need

セキュリティ運用は人海戦術で乗り切っているが人材不足で手が足りない。 セキュリティインシデントの発生都度セキュリティ運用を場当たり的に変更しているので複雑な仕組みになり、 網羅性に欠ける懸念がある

Approach

SOARソリューションを導入することでセキュリティ運用の自動化を実現

Outcomes

セキュリティ運用の自動化で業務の効率化、またセキュリティ業務はベストプラクティスを実装するため、 より少ない専門スタッフで効率的で正確な、網羅性が高いセキュリティ運用を実現

事例2:

脆弱性スキャンクラウド

Business Need

セキュリティ診断の対象となるサーバーなどの機器が大量であるため、手動での検査、結果の取りまとめにかなりの時間 を要する。また、世の中で流行している攻撃に対する組織のリスク評価が短時間でできない。

Approach

脆弱性スキャンクラウドを導入し、スキャニング検査の自動化を実現

Outcomes

スキャニングの自動化だけでなく、検査結果を管理、脆弱性対策の未対応サーバーを見える化また、流行している 攻撃に対する組織のリスク評価がリアルタイムに可能

事例3:

EDR(Endpoint Detection and Response)ソリューション

Business Need

組織内でマルウェア感染が確認された場合、大量であるため感染が疑われる端末の検索・抽出に時間を要する

Approach

EDRソリューションを導入し感染端末をリアルタイムに検索・抽出、一斉に対処

Outcomes

マルウェアが組織内に蔓延することを防止し、業務の可用性が向上その他組織内の非管理端末の可視化、 組織のセキュリティポリシーから逸脱した端末の発見などの効果