Modernization of Legacy System

レガシーシステムをデジタルアーキテクチャーに刷新することを検討しているが、その道筋が決まらない
お客さまにアセスメントと可視化をとおして方向性をご提案いたします

DX成功のためには旧来のシステムをデジタルアーキテクチャーに刷新することが必要ですが、すべてのレガシーシステムを
一度に刷新することは現実的ではなく、刷新するシステムに優先付けをし、その方式を決定することが重要となってきます

レガシーシステムをデジタルアーキテクチャーに刷新することを検討しているが、
その道筋が決まらないお客さまにアセスメントと可視化をとおして方向性をご提案いたします

お客さまのDX推進プロジェクトに参加させていただき、
One Teamでレガシーシステムのモダナイゼーションをご支援させていただきます

事例

事例1:

デジタル化戦略の策定支援

Business Need

レガシーシステムをデジタルアーキテクチャーに刷新したいが、着手する優先順位、デジタル化する最終形およびそれ に向かう方法論がわからない。

Approach

レガシーシステムをアセスメントを通して可視化し、デジタル化の向かうゴールと方向性を策定するためにお客さまの プロジェクトに参加させていただきご支援させていただきます。

Outcomes

デジタル化戦略を明確にすることで、無駄なコスト・時間を抑制しながらお客さまがDX推進を実現します。

事例2:

アプリケーション可視化ソリューションの導入

Business Need

業務刷新によりアプリケーション改修が必要となったが、ソースコードのキーワード検索により改修箇所の特定を 試みたがそれの十分性の確証が持てず、工数の見積もどんぶり勘定になった。

Approach

アプリケーション可視化ソリューションを導入、プログラムの見える化により改修箇所の特定および正確な改修 工数の把握を確実にした。

Outcomes

可視化されたドキュメントにより改修後の保守フェーズの品質も安定化