Business Improvement by AI

オフィス業務を効率化のためにRPA(Robotic Process Automation)を導入する企業は増えてきましたが、
RPAでカバーできる業務はプロセス、様式などが定型化されたものに限られます。
このようにRPAでは対応できないオフィス業務の中にはAI技術を活用することで対応できるものがあります。

オンプレミスからクラウドにシフトする際、
セキュリティレベルの維持向上を図りたい
そうお考えのお客さまに提案します

従来のRPAでは対応できなかった定型化されていないオフィス業務に対して、
AI技術を活用し効率化するソリューションをご提案いたします

非定型帳票の情報記載箇所をAI技術で特定し読み取るAI-OCRソリューションおよび会議中に発言した音声より
議事録を自動的に作成するソリューションをご提案いたします。

事例

事例1:

AI OCRソリューション

Business Need

大量の紙帳票をOCRで読み取りたいが、様式が非定型であるため帳票から情報を抽出することが困難

Approach

スキャンした非定型の紙帳票の画像データをAI技術(ディープラーニング)を活用して解析し、必要となる情報が書かれた箇所を特定し、さらに特定した情報を項目として特定し構造化されたデータに再編成

Outcomes

同じ目的であるが様々な様式がある業務(例えば請求書)の帳票を自動的に読み取りシステムに取り込むことが可能となるため、大幅な業務の効率化、作業工数の削減が見込まれる。

事例2:

議事録自動作成ソリューション

Business Need

音声認識を利用して会議の議事録作成を試みたが、音声をテキスト化するにとどまり人力で議事録にするために、業務効率化の効果が薄い

Approach

AI技術の活用で音声の意味を解釈し議事録を作成します。

Outcomes

議事録作成のために要する時間を省力化できます。

事例3:

テキストからの知識抽出ソリューションン​

Business Need

オフィス業務では雑多な文書が存在するため、バックオフィス業務のプロセスを整理する際にそれら文書をそのままシステムに取り込みことができないため、どうしても人の作業を介在させる必要がある。​

Approach

様々なオフィス文書のテキスト内容をAIを活用することで分析、キーワードの抽出を行い、システム化で必要となる入力情報とすることが可能です。​

Outcomes

契約書の内容をAIで読み解いてチェックリストの回答案を作成することで決裁者の意思決定の支援をするようなシステム開発が可能です。​