Work-Style Reform

働き方改革をオフィス設備面から改善しようとされている方にご提案いたします。

「働き方改革実行計画(2017年)」の3本の柱には制度面の改善、
キャリアの構築に加え、「制約の克服(時間・場所など)」があげられています。
これはテレワーク推進を目的としたリモート環境の充実とオフィス環境の改善が含まれています。

働き方改革をオフィス設備面から改善しようとされている方にご提案いたします。

コストおよび利便性を考慮したお客さまにとって最適なテレワーク環境、
テレビ会議システムおよび疑似窓システムソリューションをご提案いたします。

事例

事例1:

最適なリモート環境のご提案Business Need

Business Need

働き方改革の要請によりリモート環境の利用者数が増大したが既存システムで対応することができない。今後のリソース追加の計画をたてるもの難しいので、根本的にリモート環境全体の設計を見直したい。

Approach

働き方改革により増大する利用者増だけでなく、オリンピック対応などによる一時的な業務形態の変化にも柔軟に対応できるようなリモート環境のご提案をいたします。

Outcomes

利用者の使用感の満足度を向上させ、トータルコストの抑制やシステム可用性を満足するリモート環境の整備を実現

事例2:

テレビ会議システムのご提案

Business Need

拠点間だけでなくテレワークの社員宅も交えた拠点のテレビ会議を実施したい

Approach

高価な機材を必要とせずパソコン、スマホでも参加できるテレビ会議システムソリューションをご提案します。

Outcomes

テレワーク中でもオフィス在席に近い環境でテレビ会議に参加でき業務の生産性が向上した。

事例3:

疑似窓ソリューションのご提案

Business Need

窓のないオフィスで長期間就業していると、外の様子がわからないために時間感覚がなくなる、閉塞感を感じるなどメンタルヘルス的によくない

Approach

大型ディスプレイや高精細プロジェクタを中核とした疑似窓ソリューションを導入

Outcomes

オフィスのメンテルヘルス向上に寄与