現在地

ネットワーク設計・構築・試験

サービス概要

お客様の要望に応じて、さまざまなネットワーク機器を組み合わせ、最適なネットワークインフラを構築するサービスです。
ネットワークシステム構築に関連する各種作業や機器の調達をトータルサポートします。

サービス詳細

企画・提案

実現したいことや、現状困っていることを出発点として、それらを解決するためのネットワークシステムの全体像を作り上げる作業です。
必要に応じて、ネットワークコンサルタントによるコンサルティングサービスを組み合わせつつ、お客様の課題を解決し、新たなビジネスに取り組むためのネットワークシステムをご提案します。

要件定義工程

ネットワークシステムが備えるべき要件を定義していきます。
弊社ではこの工程で取り決めるべき品質特性を以下のように整理しています。

接続性
どことどこをつなぐか。どのような種類の通信を行えるようにするか
性能
どれだけの通信量を処理できるようにするか(帯域、セッション数)。
信頼性
機器故障などの不測事態にどの程度サービスが停止することを許容するか停止時間を短縮するためにどのような備えをしておくか
セキュリティ
システムのセキュリティを確保するためにネットワークで実現しなければならないことは何か
拡張性
将来の通信量、接続先、収容機器台数等の増加にどこまで対応可能な構成にしておくか
運用性
システム稼働後の安定運用のために必要な作業は何か。作業の効率化のためにあらかじめ考慮しておくべきことは
移行性
既存のシステムがある場合、サービス移行のために許容される停止時間はどの程度か。どのような方式をとるべきか
設備要件
機器を設置する環境に制約があるか

各要件は、相反する性質を持っていることがあります(ex.セキュリティと性能)。
また、むやみに高い要求レベルを設定しても、現実のネットワーク機器では実現できないこともあります。
相反する要求とコスト、実現可能性のバランスをとり、最適な要件定義を行います。

設計工程

要件を実現するための各種設計を行います。
全体像から個別機器などの構成要素詳細へ、論理構成から物理配線や設置環境へ、ネットワークシステムを組み上げるための各種検討項目を、より詳細に、より具体的に決定していきます。

設計時の検討事項の例

  • ネットワークの全体をどのような形にするか
  • どのようなネットワーク機器を使用するか
  • 他のネットワークと接続するためにどのような設定が必要か
  • 各機器にどのような役割を持たせるか
  • 想定される故障にどのような仕組で備えるか
  • 故障や外部からの攻撃などをどのように検出するか
  • どの部分にどのようなセキュリティ対策を講じるか
  • 負荷分散や暗号化など個別の機能をどのように実現するか
  • どのようなアドレスを割り当てるか
  • 必要な通信が行えるようにするために各機器にどのような設定が必要か
  • どこに設置するか、どのような順番で設置するか
  • どの機器を接続するか、どのポートを接続するか

これらの多様な要素を、サービス開始後の運用性や将来の拡張性を考慮しつつ決定します。

機器設定、単体試験

設計工程での決定事項を受け、個別の機器に設定すべきパラメータ(設定値)を決定し、インストールします。
インストール済みの機器は単体の状態(他の機器と接続していない状態)で動作を確認します。
機器の動作不良がないことと、決定したパラメータに基づいた設定が行われていることを確認します。

試験工程

設定および単体試験の完了したネットワーク機器同士を接続し、ネットワークシステム全体としての動作を確認する工程です。
定常状態において想定通りの通信を処理できること、疑似的に故障を発生させた状態でも、系切換えなどの機構が動作しサービスが回復すること、その他ネットワークシステムの運用に必要な機能が想定通りに動作することを、さまざまな観点から確認します。

必要に応じて、ネットワーク性能試験を実施することも可能です。
負荷発生装置により高負荷状態を作り出すことにより、所要のトラフィックを処理できることの確認や、限界性能の見極め、高負荷時の挙動や状態確認 を行うことができます。

保守

ご購入いただいたネットワーク機器を対象にハードウェア保守サービスをご提供させていただいております。

サービス内容

  • 最新のシステムソフトウェア更新版をご提供いたします。
  • 脆弱性やバグ等の不具合が発覚した場合には、速やかに情報をご提供いたします。
  • クロスセンドバック保守以上の保守グレードでは、ヘルプデスクによるQ&A対応をご用意しております。主に製品・操作に関する技術的なご質問をお受けいたします。