現在地

Oracle Database 12c: マルチテナント・アーキテクチャ

概要

注目のマルチテナント・アーキテクチャのすべてを使いこなす。

ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c 対応コース

このコースでは、Oracle Database 12c の新機能であるマルチテナント・アーキテクチャの概念を深く理解することができます。マルチテナント・コンテナ・データベースおよび関連付けられたプラガブル・データベースを効果的かつ効率的に管理する方法について学習します。

コース詳細

期間 2日間
学習形態 集合研修またはトレーニング・オン・デマンド(TOD)
対象者 データウェアハウス管理者、データベース管理者、データベース設計者、サポート・エンジニア、テクニカル管理者
前提条件 必要とされる前提コースまたは前提知識:
  • SQLおよびPL/SQLのパッケージの知識
  • SQL*PlusやEnterprise Manager Cloud Controlなどのツールの知識
  • 非CDB構成のデータベース管理の知識
  • Oracle Database 12c: 管理ワークショップ
推奨される前提コースまたは前提知識:
  • Linuxオペレーティング・システムの基本的な知識
  • Oracle Database 12c: インストール&アップグレード
費用 154,224円(税込)
※割引価格が適用される場合がございますので、詳しくはお問い合わせください

コースの目的

  • マルチテナント・コンテナ・データベースおよびプラガブル・データベースの記憶域の管理
  • マルチテナント・コンテナ・データベースおよびプラガブル・データベースのバックアップおよびリカバリ操作
  • マルチテナント・コンテナ・データベース内のリソースを共有するためのリソース・マネージャの構成
  • 様々な方法によるプラガブル・データベースの作成
  • マルチテナント・コンテナ・データベースの作成
  • マルチテナント・アーキテクチャについての説明
  • 共通ユーザーおよびローカル・ユーザーのアカウントの作成と管理
  • プラガブル・データベースでのOracle Data Pump、SQL*Loaderの使用
  • マルチテナント・コンテナ・データベースとそのプラガブル・データベースでの統合監査の実装
  • 共通権限とロール、およびローカル権限とロールの管理
  • マルチテナント・コンテナ・データベースおよびプラガブル・データベースの管理
  • マルチテナント・コンテナ・データベースおよびプラガブル・データベースのパフォーマンスの管理
  • マルチテナント・コンテナ・データベースおよびプラガブル・データベースの監視
  • マルチテナント・コンテナ・データベースへの非CDBの接続

カリキュラム

はじめに
コンテナおよびプラガブル・データベースのアーキテクチャ
CDBおよびPDBの作成
CDBおよびPDBの管理
CDBおよびPDBの記憶域の管理
CDBおよびPDBのセキュリティの管理
可用性の管理
パフォーマンスの管理
その他

ビデオ視聴 稼働環境

  • 1024x768 以上の画面の解像度
  • ブラウザ:Internet Explorer 9 以上、Firefox 11 以上
  • Google Chrome 19 以上
  • Flash Player 10 以上(モバイル機器を除く)
  • JavaScript および Cookie が有効になっている
  • O/S: Microsoft Windows Vista、Microsoft Windows 7
  • インターネット接続: 768 kbps 以上

お問い合わせ・お申し込み