現在地

Oracle Database 12c: Clusterware 管理

概要

このコースでは、クラスタの一般的な概念およびOracle Clusterwareアーキテクチャについて演習を通して学習することができます。

コース詳細

期間 4日間
学習形態 集合研修またはトレーニング・オン・デマンド(TOD)
対象者 管理者、データベース管理者
前提条件 必要とされる前提コースまたは前提知識:
  • クラスタウェア、ASMおよびRACを含むOracle Database 11g リリース2の動作に関する知識
推奨される前提コースまたは前提知識:
  • Oracle Grid Infrastructure 11g R2: クラスタ&ASM管理
  • Oracle Database 11g R2: RAC管理
費用 385,344円(税込)
※割引価格が適用される場合がございますので、詳しくはお問い合わせください

コースの目的

  • フレックス・クラスタへのリーフ・ノードおよびハブ・ノードの追加
  • ASMディスク・グループの構成
  • クラスタからのノードの削除
  • クラスタ・ハードウェアのベスト・プラクティスの説明
  • クラスタウェア・アーキテクチャの説明
  • Oracle Clusterwareアーキテクチャの説明
  • クラスタの原理と目的の説明
  • 標準クラスタおよびフレックス・クラスタ用のGrid Infrastructureのインストール
  • フレックス・クラスタのインストールおよび構成
  • 様々な種類のwhat-ifコマンド評価の実行
  • クラスタを拡張するために必要なステップの実行
  • フレックス・クラスタのアーキテクチャおよびコンポーネントの理解
  • フレックス・クラスタ内のノード障害の影響の理解
  • What-Ifコマンド評価の範囲および機能の理解
  • インストールの検証

カリキュラム

Grid Infrastructureの概要
Oracle Clusterwareのアーキテクチャ
フレックス・クラスタ・アーキテクチャ
Grid Infrastructureのインストール前のタスク
Grid Infrastructureのインストール
クラスタ・ノードの管理
従来のクラスタウェア管理
ポリシーベースのクラスタ管理
Grid Infrastructureのパッチ適用

ビデオ視聴 稼働環境

  • 1024x768 以上の画面の解像度
  • ブラウザ:Internet Explorer 9 以上、Firefox 11 以上
  • Google Chrome 19 以上
  • Flash Player 10 以上(モバイル機器を除く)
  • JavaScript および Cookie が有効になっている
  • O/S: Microsoft Windows Vista、Microsoft Windows 7
  • インターネット接続: 768 kbps 以上

お問い合わせ・お申し込み