現在地

Oracle Database 12c: 管理ワークショップ

概要

このコースでは、データベース管理者として大規模なデータベースを管理するために必要な知識を習得することができます。Oracle Databaseアーキテクチャから、Oracle Databaseインスタンスの効率的な管理方法、Oracleネットワーク環境の構成方法、データベース・メンテナンスの実行方法、データベース・リソース・マネージャを使用したリソースの管理方法など、Oracle Database 12cを効率的に利用する方法ついて学習します。

このコースはORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c対応コース となっております。

コース詳細

期間 5日間
学習形態 集合研修またはトレーニング・オン・デマンド(TOD)
対象者 データウェアハウス管理者、データベース管理者、データベース設計者、サポート・エンジニア、テクニカル管理者
前提条件 必要とされる前提コースまたは前提知識:
  • SQLおよびPL/SQLパッケージの使用に関する実践的な知識
  • Oracle Database 12c: SQL 基礎 I
推奨される前提コースまたは前提知識:
  • Linuxオペレーティング・システムに関する基本的な知識
費用 385,560円(税込)
※割引価格が適用される場合がございますので、詳しくはお問い合わせください

コースの目的

  • データベースの監視
  • データベース・パフォーマンスの管理
  • データベース監査の実装
  • セッションとタスクにリソースが適切に割り当てられるためのデータベース・インスタンスの構成
  • データベースの内部または外部で実行するためのジョブのスケジュール
  • Oracle Net Servicesの構成
  • バックアップおよびリカバリ操作用のデータベース構成
  • Oracle Databaseアーキテクチャの説明
  • Oracle Databaseインスタンスの管理
  • Oracle Database記憶域構造の管理
  • 管理ユーザー・アカウントの作成

カリキュラム

はじめに
Oracle Databaseアーキテクチャの確認
データベース・インスタンスの管理
Oracleネットワーク環境の構成
データベース記憶域構造の管理
ユーザー・セキュリティの管理
データ同時実行性の管理
UNDOデータの管理
Oracle Database監査の実装
データベースのメンテナンスの実行
パフォーマンスの管理
パフォーマンスの管理: SQLチューニング
データベース・リソース・マネージャを使用したリソースの管理
Oracle Schedulerを使用したタスクの自動化
領域の管理
バックアップおよびリカバリの概念
データの移動
Oracleサポート・サービスとの連携

ビデオ視聴 稼働環境

  • 1024x768 以上の画面の解像度
  • ブラウザ:Internet Explorer 9 以上、Firefox 11 以上
  • Google Chrome 19 以上
  • Flash Player 10 以上(モバイル機器を除く)
  • JavaScript および Cookie が有効になっている
  • O/S: Microsoft Windows Vista、Microsoft Windows 7
  • インターネット接続: 768 kbps 以上

お問い合わせ・お申し込み