現在地

Oracle Database 12c: PL-SQLプログラム開発

概要

このコースでは、ストアド・プロシージャ、ファンクション、パッケージおよびデータベース・トリガーの開発方法を説明し、受講者のスキルを強化します。PL/SQLプログラム・ユニットの管理およびオラクルが提供するパッケージの使用方法を理解することができます。

コース詳細

期間 3日間
学習形態 集合研修またはトレーニング・オン・デマンド(TOD)
対象者 アプリケーション開発者、データベース管理者、PL/SQL 開発者、サポート・エンジニア、システム・アナリスト
前提条件 必要とされる前提コースまたは前提知識:
  • PL/SQLに関する基本的な知識
  • プログラミング言語に関する知識
  • Oracle Database 12c: SQL 基礎
  • IOracle Database 12c: PL/SQL 基礎
推奨される前提コースまたは前提知識:
  • Oracle SQL Tuning for Developers Workshop
費用 231,336円(税込)
※割引価格が適用される場合がございますので、詳しくはお問い合わせください

コースの目的

  • 動的SQLの記述による、コーディングの柔軟性の向上
  • 事前定義済のデータ・タイプ、ローカル・サブプログラム、追加のプログラム、定数および例外の標準化のためのPL/SQLコードの設計
  • コンパイラ警告のインフラストラクチャの使用
  • PL/SQLの条件付きコンパイルおよび不明瞭化(隠ぺい)コードの使用
  • トリガーの作成によるビジネス上の課題の解決
  • PL/SQLサブプログラム間の依存性の管理
  • ストアド・プロシージャとファンクションの作成、使用およびデバッグ
  • PL/SQLパッケージの設計および使用による、関連する構成メンバーのグループ化および格納
  • オーバーロードされたパッケージのサブプログラムの作成による柔軟性の向上
  • オラクルが提供するPL/SQLパッケージの使用による、画面出力、ファイル出力および電子メール出力の生成

カリキュラム

はじめに
ストアド・プロシージャの作成
ファンクションの作成およびサブプログラムのデバッグ
パッケージの作成
パッケージの使用
アプリケーション開発でのオラクル社が提供するパッケージの使用
動的SQLの使用
PL/SQLコードの設計上の考慮事項
トリガーの作成
複合トリガー、DDLトリガーおよびイベント・データベース・トリガーの作成
PL/SQLコンパイラの使用
依存性の管理

ビデオ視聴 稼働環境

  • 1024x768 以上の画面の解像度
  • ブラウザ:Internet Explorer 9 以上、Firefox 11 以上
  • Google Chrome 19 以上
  • Flash Player 10 以上(モバイル機器を除く)
  • JavaScript および Cookie が有効になっている
  • O/S: Microsoft Windows Vista、Microsoft Windows 7
  • インターネット接続: 768 kbps 以上

お問い合わせ・お申し込み