現在地

Oracle Database 11g R2: 新機能

概要

この5日間の研修コースでは、Oracle Database 11g Release 1およびRelease 2における変更管理の機能とその他の主な拡張機能について学習し、演習を行います。トピックとして、変更管理、問題の診断とリカバリ、高可用性の確保、スケーラビリティおよびパフォーマンスの向上、セキュリティの強化、さらにデータベース管理者に関連するその他の領域を取り上げ、新機能の利点と使用方法について詳しく説明します。
また、実践的な演習によって、新機能をより深く理解することができます。

コース詳細

期間 5日間
学習形態 トレーニング・オン・デマンド(TOD)
対象者 セールス・コンサルタント、データウェアハウス管理者、サポート・エンジニア、
データベース管理者、テクニカル・コンサルタント
前提条件 必要とされる前提コースまたは前提知識:
  • Oracle Database 10gの操作に関する知識
費用 385,560円(税込)
※割引価格が適用される場合がございますので、詳しくはお問い合わせください
集合研修日程・場所 別途お問い合わせください

コースの目的

  • Oracle Database 11g Release 2のインストール
  • Oracle Grid Infrastructureのインストール
  • 自動SQLチューニングの設定と管理
  • 自動ストレージ管理(ASM)の拡張機能の使用
  • データ・ポンプ・レガシー・モードの使用
  • データ・リカバリ・アドバイザの使用
  • データベース・リプレイを使用したワークロードの記録およびリプレイ
  • Enterprise Managerを使用したSQLコマンドの監視
  • Oracle Restartを使用したコンポーネントの管理
  • Resource Managerの拡張機能の使用
  • SQL計画管理の使用とSQL計画ベースライン
  • Total Recallによる履歴データの作成、保護および使用
  • SQLパフォーマンス・アナライザの使用
  • Recovery Managerの新機能と拡張機能の使用
  • DWHとパーティション機能の実装

カリキュラム

Oracle Grid Infrastructure
インストールおよびアップグレード
Oracle Restart
ASMの拡張機能
ストレージの拡張
データ・ウェアハウスとパーティショニングの拡張
Oracle SecureFiles
セキュリティおよびネットワークの拡張
SQLパフォーマンス・アナライザ
SQL計画管理
データベース・リプレイ
自動SQLチューニング
インテリジェント・インフラストラクチャの拡張
診断機能の拡張
SQL監視
パフォーマンスの拡張
アプリケーションのメンテナンスとアップグレードの拡張
バックアップおよびリカバリの拡張機能
フラッシュバック・テクノロジ、LogMinerおよびデータ・ポンプ
データ・リカバリ・アドバイザ

ビデオ視聴 稼働環境

  • 1024x768 以上の画面の解像度
  • ブラウザ:Internet Explorer 9、Firefox 11 以上
  • Google Chrome 19 以上
  • Flash Player 10 以上(モバイル機器を除く)
  • JavaScript および Cookie が有効になっている
  • O/S:Microsoft Windows Vista、Microsoft Windows 7
  • インターネット接続:768 kbps 以上

お問い合わせ・お申し込み