現在地

Oracle Grid Infrastructure 11g R2: クラスタ&ASM管理

概要

このコースでは、Oracle Grid Infrastructure製品について学習します。その内容には、Oracle 自動ストレージ管理(ASM)、ASMクラスタ・ファイル・システムおよびOracle Clusterwareが含まれています。
また、コマンドライン・ユーティリティおよびグラフィカルなツールの両方を使用したOracle Clusterwareおよびストレージ製品の管理方法についても学習します。

ASMおよびACFSの管理は、コマンドライン・クライアントおよびグラフィカル・ユーザー・インタフェース・クライアントの両方を使用して行います。
アプリケーションの可用性を高め、監視および他のノードへのフェイルオーバーをサポートするために、Oracle Clusterwareをどのように活用するかについて学習します。
様々なユーティリティについてログ・ファイルを調べ、デバッグ機能とトレース機能を有効にし、Oracle Clusterwareをトラブルシューティングする方法について学習します。

このコースは、Oracle Database 11gリリース2に基づいています。

コース詳細

期間 4日間
学習形態 集合研修またはトレーニング・オン・デマンド(TOD)
対象者 データウェアハウス管理者、データベース管理者、データベース設計者、
サポート・エンジニア、テクニカル管理者
前提条件 必要とされる前提コースまたは前提知識:
  • Oracle Database Administrator
  • Oracle Database 11g: 管理ワークショップ I
  • Oracle Database 11g: 管理ワークショップ II
費用
  • ILT(集合研修):385,344円(税込)
  • TOD:385,344円(税込)
    ※割引価格が適用される場合がございますので、詳しくはお問い合わせください
集合研修日程・場所 別途お問い合わせください

コースの目的

  • ASMクラスタ・ファイル・システムの管理
  • ASMインスタンスおよびディスク・グループの管理
  • クラスタ管理における習熟のデモンストレーション
  • 自動ストレージ管理(ASM)アーキテクチャの説明
  • グリッド・プラグ・アンド・プレイによるクラスタウェアへの影響の説明
  • アプリケーション・リソースの管理
  • グリッド・インフラストラクチャのインストールの実行とRACデータベースの作成
  • Oracle Clusterwareのトラブルシューティング
  • Oracle Clusterwareアーキテクチャの理解

カリキュラム

グリッド・インフラストラクチャの概要
グリッド・インフラストラクチャのインストールおよび構成
Oracle Clusterwareの管理
Oracle Clusterwareの高可用性
Oracle Clusterwareのトラブルシューティング
ASMインスタンスの管理
ASMディスク・グループの管理
ASMファイル、ディレクトリおよびテンプレート
ASMクラスタ・ファイル・システムの管理

ビデオ視聴 稼働環境

  • 1024x768 以上の画面の解像度
  • ブラウザ:Internet Explorer 9、Firefox 11 以上
  • Google Chrome 19 以上
  • Flash Player 10 以上(モバイル機器を除く)
  • JavaScript および Cookie が有効になっている
  • O/S:Microsoft Windows Vista、Microsoft Windows 7
  • インターネット接続:768 kbps 以上

お問い合わせ・お申し込み