現在地

Amanda

概要

大量のクライアント・ワークステーションにあるファイルを単一のバックアップサーバで保護することを目的として、1991年にジェームズ・ダッシルバが中心となって、メリーランド州立大学で開発されたオープンソースのバックアップソフトです。

製品の特徴

統合バックアップ環境を容易に構築することが出来、Linux、Unix、Max OS-X、Windowsなどのデータをオートローダ、NAS等を始めとする様々なテープ、デバイス、光学装置にバックアップすることが可能です。

また、プロプライエタリなドライバを必要としないため、OSでサポートされているデバイスなら全て使用可能です!

どんなときに必要になるのか(シチュエーション)

  • 様々なプラットフォームで、バックアップを統合管理したい。
  • オートローダを使用して、バックアップを自動化したい。
  • バックアップ/ リカバリを単純かつ高速に行いたい。
  • バックアップの運用コストを抑えたい。

製品詳細

製品名 製品概要と導入のメリット 製品イメージ
Amanda(The Advanced Maryland Automatic Network Disk Archiver)

バックアップの統合管理を目的としたオープンソースバックアップソフト

導入のメリット:
バックアップサーバと様々なOS間での統合バックアップを実現します。
テープライブラリ、自動チェンジャー、NAS等を始めとする様々なテープ、ディスク、光学装置にバックアップすることができ、運用者の作業負荷を軽減します。

また、Amandaは、独自の同時書き出し機能により、オンラインで手早くリストアしたり、障害復旧や長期保存のためにオフサイトで同じデータを入手することが可能です。独自のドライバを必要としないため、OSでサポートされているデバイスなら全て使用できます。Amandaは、標準ユーティリテのdumpやgnutarを使用し、独自フォーマットが無いため、Amandaインストールされていない状況下でもデータ復旧が可能です。

さらに、Amandaコミュニティは非常に活発に活動しており、Zmanda.Incが提供するエンタープライズサポートがある点も魅力の一つです。

Amanda

関連情報