現在地

VMware vSphere Optimize and Scale [6.7]

概要

このトレーニングコースは、可用性と拡張性が高い仮想環境の構成と管理を行うための、高度なスキルについて学習するコースです。講義と実践的なラボを組み合わせて、VMware vSphereの機能を最適化する方法について、ご説明します。ベースとなるのは、VMware vSphere ESXi 6.7 および VMware vCenter Server 6.7 です。本コースは、VCP-DCV 試験を受験するための前提となるコースの1つであり、修了すると VCP-DCV の受験資格を得ることができます。

コース詳細

vSphere: Optimize and Scale[V6.0]

期間 5日間
学習形態 集合研修 ※オンサイト/1社研修も承ります
定員 12名
対象者 システムの上位管理者
システムエンジニア
システムインテグレータ
前提条件 以下条件の、いずれかを満たされた方。
・VMware vSphere : Install, Configure, Manage V6.7を修了している
・上記コースと同等程度の ESXi および vCenter Server に関する知識と管理経験がある
コマンドラインでの作業経験があることが望ましいです。
費用 通常価格: 547,800円(税込)
日程 オンサイト/1社研修のみ受け付けております。お客様との調整により、都合の良い日程で開催いたします。
場所 【東京会場】※ 会場は変更になる場合がございます
NTTデータ先端技術株式会社 佃オフィス3F
(※ 本社ではございませんのでご注意ください) map

※ VMware社のソフトウェアバージョンアップに伴い、研修日程・期間及び費用が変わる可能性があります。
※ 教材はVMware社の公式テキスト(英語)となります。講義は日本語となりますので、不明点は当社の上位インストラクターに日本語でご質問いただけます。

コースの目的

このコースを修了すると、以下のことができるようになります。

  • 大規模で高度な企業向けの vSphere ネットワーキングおよびストレージの設定と管理
  • vSphere Client、vSphere Web Client および ESXi Shellを使用した、仮想環境の管理
  • vSphere Auto Deploy およびホストプロファイルを使用した、 ESXi ホストのプロビジョニング管理
  • ESXiのコンピューティング、ストレージおよびネットワーキングリソースの、主要なパフォーマンス指標の監視および分析
  • ESXiとVMware vCenter Serverのパフォーマンス最適化
  • セキュリティ上の脅威に対するvSphere環境の強化
  • 仮想マシンの暗号化を通じたセキュリティの強化
  • 仮想マシンを展開するためのコンテンツライブラリの作成

カリキュラム

1:コースの紹介
2:ネットワークのスケーラビリティ
3:ストレージのスケーラビリティ
4:ホストおよび管理機能のスケーラビリティ
5:CPU の最適化
6:メモリの最適化
7:ストレージの最適化
8:ネットワークの最適化
9:vCenter Server のパフォーマンス最適化
10:vSpher のセキュリティ

お申し込み

下記の「申込窓口」までお問い合わせください。

申込窓口:下記のいずれかをご利用ください。