現在地

Hinemos

クラウド時代の統合運用管理ソフトウェア「Hinemos」

Hinemosは大規模、複雑化するITシステムの「監視・性能管理」「ジョブ管理」といった「運用業務の自動化」を実現し、オープンソースソフトウェアが持つコストメリットを最大限に活用できる統合運用管理ソフトウェアです。

Hinemosでは、従来の物理環境に加え、仮想化・クラウド環境が混在する環境も、単一の操作画面(Hinemosクライアント)から管理することができます。また、仮想化基盤・クラウドサービス・仮想ネットワークを含むマルチクラウド環境に対するコントロールもHinemosクライアントから一元的に実現できます。

Hinemosの特長

Hinemosは、オープンソースソフトウェア(OSS)として、どなたでもご自由にGitHubよりダウンロードしてご利用頂けます。

有償のHinemosサブスクリプションパッケージをご購入いただくと、商用用途でも安心してHinemosをご利用いただくための保守サポートサービスや、GitHubでは公開していない有償のサブスクリプションパッケージ (非公開マネージャ、エージェント)や、オプション機能も、合わせてご利用いただくことが可能です。

Hinemosの機能

システムの安定運用に必要となる基本機能を、ワンパッケージでご提供します。日々のシステム運用業務に必要な監視・ジョブ管理といった機能はもちろん、運用の効率化・自動化に必要な機能や、運用改善に向けた分析作業に必要な機能を、すべてHinemosがご提供します。

監視・性能管理

管理対象システムの状態を様々な方法で監視することができます。監視結果はHinemosクライアント上で確認できるほか、外部への出力、コマンド起動による他のツールとの連携した通知など、様々な運用シーンに最適な確認方法を選択できます。監視結果として収集したデータはシステム利用状況の分析に役立てることができます。

運用自動化

管理対象システムに対するファイル配布やコマンド実行、環境差分の確認といった作業の定型化はもちろん、運用自動化に必要となる柔軟な実行制御(ジョブ管理)を行う機能を有しており、日々の定型処理・バッチ処理等の定型化、自動化も可能です。また、定常的・イベント発生時の運用操作における、操作の承認取得や実行管理といった、一連の運用プロセスを管理する機能も備わっており、ジョブ管理と同一のインターフェースでRunbook Automationを実現することが可能です。

運用データの収集・蓄積

管理対象システムを構成するサーバ機器、端末、OS、アプリケーションから、数値・文字列情報、バイナリデータといった、多種多様な情報をHinemosで収集可能です。収集した情報は、閾値・文字列監視することはもちろん、期間・キーワードといった条件を指定し、必要なタイミングで、高速検索することが可能です。

関連情報

最新のお知らせ

事例紹介

株式会社NTTデータ様