menu

MESSAGE from Division Manager

事業部長メッセージ

未来を引き寄せる
ITインフラを、
一緒に創り上げて
いきませんか。

profile

NTTデータ先端技術株式会社
執行役員 プラットフォーム事業部長

小林 武博

ITインフラサービスは
新たな次元へ向かっている

現代のIT社会を支えるサーバ、ストレージ、ネットワーク、データベース、などのITインフラ。これらの構築は、「基盤系エンジニア」と呼ばれるエキスパートが担ってきました。そこではITに関する卓越したスキルを持つエンジニアが、先進性や知識の深度を競い、インフラとしての性能や相互接続性、安定性の高さを追求する世界でした。私たちNTTデータ先端技術においても、高度なスキルを持つ多数のインフラエンジニアが最新のITインフラ技術をリサーチし、いち早く検証することで、これまでに親会社であるNTTデータの様々なプロジェクトをサポートし、技術提供、製品提供を行ってきました。

その一方で、近年はサーバあるいはスイッチやルータなどのネットワーク機器をはじめとする各種ハードウェアは、技術の円熟化によってコモディティ化(機能や機能の均一化)が進んでいます。たとえば、細かな設定を記述しなくてもネットワークやサーバを自動的に設定・起動できるようなツールも登場しています。「繋げるだけのITインフラの構築」において、技術を極めたエキスパートの存在価値が相対的に小さくなっているのは間違いありません。

そこで私たちは、接続技術の提供から、利用技術の提供への転換を図ろうとしています。ITインフラを軸に、新たにどのようなサービスを世の中に提供できるのか、それを構想し、提案することで、お客様のやりたい事の実現をサポートしていこうというビジネスモデルです。業務アプリケーション開発とは別の、基盤の方向から見た、新たなサービス開発と言えます。ここから、まったく新しい社会の仕組みや、今までになかった便利で魅力的なサービスが誕生することを目指しています。
ギークとニーズを
結ぶ存在が
求められている

例えば、クラウドコンピューティング。高速大容量のネットワークの向こう側で大量のデータアクセスを瞬時にさばくサーバやストレージをどのように活用していくか。そうしたクラウドのポテンシャルを引き出し、企業の新サービスや課題解決に結びつけていく提案は、ITインフラを自在に扱える私たちが引き受けていくビジネスの領分だと考えています。

そして、このアプローチは、今までの営業とは異なる立ち位置で顧客と接する『技術営業』を必要とします。技術的なバックグラウンドを持ち、テクノロジーのトレンドを理解し、コンサルティングや提案活動でお客様の前面に出ていけるプレイヤーです。この『技術営業』はお客様と密度の濃い接点を持つだけではなく、社内のエンジニアたちの成果を形にし、、時には自らお客様を巻き込んで検証することでニーズを確認すること事業をリードしていく存在でもあります。

コモディティ化が進んだとは言え、今も新たなテクノロジーが生まれ、今まで不可能だったことが可能になるような場面はこれからも続きます。そうした新しい技術や商材を敏感にキャッチし、市場価値があるかどうかを検証し、さらに市場投入していくために環境を整え、テンプレート化して「利用技術」として高めていくのは、社内にいるギークの素養を持ったエンジニアであることは間違いありません。そんな彼らの成果である検証済の新技術で世の中に何ができるのかを考え、お客様のどのようなニーズと結びつけられるか見当をつけて、提案していくのも『技術営業』の役目です。

私たちが一歩先を進める理由
以上のような新しいインフラビジネスを進めていく上で、NTTデータ先端技術には大きなアドバンテージがあります。一つはNTTデータグループという大企業が持つ巨大でグローバルな情報システムで、お客様に提供する前に新しい技術の大規模検証が可能であることです。また、NTTデータの膨大な顧客層に踏み込んで行きやすいというポジション上のメリットもあります。つまり、技術の獲得力でも、それを展開できるフィールドにおいても、私たちは高い競争優位性を発揮できるのです。

NTTデータグループは、その規模においても、実績においても、国内有数の存在で、NTTデータ先端技術を経営の安定で選ぶことも間違いではないかもしれません。でも、私たちは自ら変わり続けることこそが安定につながることを知り、それを実践しています。次の世の中をどうつくっていくか、何を変えていくのか、一緒に語り合い、触発しあって、開拓していきたいという方を、ぜひお待ちしています。
pageTop