現在地

CSIRT基礎 インシデントレスポンス

概要

最近、サイバー攻撃、情報セキュリティ、ソフトの脆弱性などがメディアを含めてよく聞かれます。いくつかの記事は不安を煽るだけのものもありますが、コンピュータや、スマートフォン、SNS、インターネット等は、年々その脅威が増大しています。

情報漏洩事件・事故は拡大の一途にあり、政府や関係省庁の発表資料等にもCSIRT構築の必要性が重視されるようになりましたので、多くの企業組織の中にセキュリティインシデントに対応するためのCSIRTが構築されてきました。
しかしながら、CSIRTと言う概念自体が曖昧であり、実際の運用や担当者の育成で悩んでいる組織も多いようです。

そこで、実際の運用や担当者の育成のニーズに答えるため、CSIRT基本講座のコースを準備しました。
これらのコースでは以下の習得を目的としています。

  • CSIRTの要素(含む技術)の基礎的な知識を習得します。
  • CSIRTの運用を実施する個人の知識、技術レベルをアップします。
  • CSIRTの新たに加えたいサービスに関して知識を習得します。

演習内容

以下のような例題をもとに進めていきます。

■「お客様から当社webサイトにアクセスしたらパソコンの挙動がおかしくなったと問い合わせ」がコールセンターへ入る。
■ 改ざんなどのwebサイトに関連したインシデントについての報告は今のところない。

→考えられる可能性を全てイメージしてください。

  • そもそもインシデントなのか?
  • インシデントなら、何がどういう原因で起こっているのか?

※ 考えられる原因やとるべきアクションを演習を通じてディスカッションしていきます。
例)DNSハイジャック?マルウェア?フィッシング?

コース開催スケジュール

開催予定日は以下のとおりです。時間は、各日とも午前10時から午後5時までです。
研修の進捗状況や質疑応答等により、終了時間は前後することがありますので、あらかじめご了承ください。

開催日
  • 2017年04月10日(月)
  • 2017年05月22日(月)
  • 2017年06月07日(水)
  • 2017年07月10日(月)
  • 2017年08月07日(月)
  • 2017年09月04日(月)
  • 2017年10月11日(水)
  • 2017年11月08日(水)
  • 2018年02月14日(水)
  • 2018年03月19日(月)

お申し込み

下記の「お申し込み書」に必要事項をご記入後、「申込窓口」までご提出ください。

申込窓口:下記のいずれかをご利用ください。

※満席になり次第、募集を締め切らせていただきますのでご了承ください。

コース お申し込み書
CSIRT基礎 インシデントレスポンス お申し込み書

内容

期間 1日間
学習形態 集合研修
各回受講人数 8名(最少開催人数)〜20名(最大開催人数)
対象者 CSIRTのメンバー、CSIRTの新人、CSIRTの運用で悩んでおられる管理者
前提条件
場所 【東京会場】※ 会場は変更になる場合がございます
NTTデータ先端技術株式会社 佃オフィス3F
(※ 本社ではございませんのでご注意ください) map

カリキュラム

CSIRTの基本的な以下の要素の基本を学びます。

  • IR:インシデント・レスポンス
  • ハンドリング
  • トリアージ
  • 案件管理
  • インシデント・ハンドリング実習

受講費用

¥54,000(税込)/名(※ オンサイト/1社研修の場合は、別途お見積りとさせていただきます。)

注意事項

  • 最低催行人数に達しない場合は、開催中止となることがあります。あらかじめご了承ください。