現在地

トラブルシューティング(Windows)

サービス概要

Windows OS上で動作している商用システムの故障解析(システムダウン、ボトルネック解析等)を成功報酬型または時間課金型で実施します。

Why Intellilink?

NTTデータ先端技術(株)では、 MS OS/2時代から養った故障解析ノウハウを有しています。マイクロソフト社との共同開発を行ったクラッシュダンプ故障解析エンジン上にこれらのノウハウを組み込み、さらに故障解析時の操作性向上と解析時間の短縮を図るためのGUIを搭載したNaccident®を独自に開発し、これをベースに故障解析サービスを行っています。経験豊富な故障解析者がNaccident®と他のツールを組み合わせて故障解析を行い、故障要因の特定、回避方法提供、修正確認まで行います。サポートが切れたサードパーティ製のツールなどに対しても、回避手段などを提供することも可能です。ソース分析、クラッシュダンプファイル、デバッガ、独自ツールなどを組み合わせて解析を進めていきます。アプリケーション、ミドルウェア~OS、ドライバまで一貫したワンストップサービスを提供しています。

次のようなご要望・課題をお持ちのお客様に最適なサービスです

  • 様々なトライアルを行ったが、まだ解決していない故障がある。
  • 再現性の低い故障がある。
  • 特定のミドルウェア、サードパーティ製のプログラムと関係する故障がある。
  • 複数のPCが関係している、環境に依存する故障がある。
  • ボトルネックがあるが、OS、.NET等の内部要因により発生していると考えられ、これ以上の改善が困難で困っている。

サービス詳細

対象プラットフォーム
Windows 2000~Windows Server 2012 R2 (クライアント/サーバーOS、CPUプラットフォームはARM、IA-64以外)
サービス内容
故障要因特定、回避方法提示、ソースレビュー、ソース修正、ボトルネックポイント分析など。案件内容に応じて、実施内容を依頼者と相談して決定し着手します。
費用
時間課金サービス(上記作業に対し、時間単金25,000円で課金する方式(ただし、実稼働時間ベースのため再現待ち時間などは課金されません))
成功報酬型サービス(事前に終了点まで決め、請負金額を設定。合意の上、着手。終了点まで到達したら請求を行う方式)です。費用はケースバイケースですが、要因特定、修正案提示、修正確認という一連のサービスでは、実績ベースで1案件あたり10万円から400万円(平均: 30万円~70万円)程度です。