現在地

ISO/IEC20000(ITSMS)基本コース

概要

本コースは、ITサービスマネジメントにおけるベストプラクティスをまとめたITIL®に基づいた国際規格であるISO/IEC20000規格を解説するコースです。

ISO/IEC20000は、組織が効果的・効率的に管理されたITサービスを実施するためのフレームワークと評価指標を提示しています。また、品質マネジメントシステム(ISO9001:2000)に共通する考え方も多く、顧客及び利害関係者の満足はもとよりビジネスのパフォーマンスの向上も目的としています。

[BS15000とは]

ITサービスマネジメントは、英国政府が作成したITIL®(IT Infrastructure Library)をもとにしており、ITサービスを提供するすべての組織に適用されるマネジメントシステム規格です。BS15000は、顧客および利害関係者の満足はもとより、ビジネスのパフォーマンス向上も目的としています。品質マネジメントシステム(ISO9001:2000)に共通する概念を採用しており、情報セキュリティ管理規格、BS7799についても引用した形式となっています。

[ISO/IEC20000とは]

ITサービスマネジメントに関する英国規格であるBS15000をベースとして2005年12月15日に、ISO20000-1(ITサービスマネジメントの仕様)とISO20000-2(ITサービスマネジメントの実施基準)が国際規格として発行されました。

[ITIL®とは]

Information Technology Infrastructure Libraryの略称で、1989年に英国政府のCCTA(中央コンピュータ電気通信局、現英国商務局)によって公表された8つの書籍から構成されるITサービスマネジメントに関するベストプラクティス集のことです。

コース内容

本コースでは、 以下のテーマについて、実践的かつ総合的に解説いたします。

  • 制定の経緯などの規格の概要の解説
  • 規格書中の用語及びその定義の解説
  • 規格本文の解説
  • サービスマネジメントの計画及び導入の解説
  • 新規サービス又はサービス変更の計画および実装の解説
  • サービスデリバリプロセスの解説
  • 解決プロセスの解説
  • 関係プロセスの解説
  • コントロールプロセスの解説
  • リソースプロセスの解説
  • ISO/IEC20000の導入についての解説
  • システム構築のポイントについての解説
  • 認証取得についての解説

開催概要

  • ISO/IEC20000規格を理解したうえで、ITサービスマネジメントのプロセス及び押さえておくべきポイントを把握することができます。
  • ISO/IEC20000の概要を学びつつ、ビジネスにおけるマネジメントシステム構築や、監査認証制度についても理解できます。
申し込み NTTデータ先端技術株式会社
コース実施 BSI英国規格協会本部/BSIグループジャパン株式会社
定員 20名
期間 2日間
日時
  • 2018年07月09日(月)- 2018年07月10日(火)
  • 2018年10月15日(月)- 2018年10月16日(火)
  • 時間 9:30~17:30  *講義・演習により終了時間が変更になる場合があります。
会場 東京都港区北青山2-12-28 青山ビル3階
BSIジャパン セミナールーム
  • 東京メトロ銀座線「外苑前」駅 徒歩5分
*会場は、都合により変更になる場合がございます。
費用 ¥86,400(税込)
講師 BSIグループジャパン所属の日本人講師
その他 コースで使用する以下規格書をお持ちの方はご持参ください。
当日は「貸出用」の規格書をご用意させて頂いております。(書き込みおよび持ち出しはできません)
  • ISO/IEC 20000-1:2011(¥18,144)
  • JIS Q 20000-1:2012(¥3,564)

お申し込み

下記の「お申し込み書」に必要事項をご記入後、「申込窓口」までご提出ください。

申込窓口:下記のいずれかをご利用ください。

※満席になり次第、募集を締め切らせていただきますのでご了承ください。

コース お申し込み書
ISO/IEC20000(ITSMS)基本コース お申し込み書

キャンセルについて

キャンセルには次のとおりキャンセル料が発生します。

  • 開催日の14~8日前までのキャンセル ------------------------- 参加費用の50%
  • 開催日の7日前~当日までのキャンセル・日程変更 ------------ 参加費用全額

あらかじめご了承頂きますようお願い申し上げます。