現在地

システム方式技術(性能編)

概要

「システム方式技術(性能編)」は、IT基盤概要設計(システム方式設計)における性能設計の基本的な知識を学ぶeラーニングです。性能設計を行う上での考え方や、オンライン処理、バッチ処理、バッチ処理の性能設計を行う上で考慮すべきポイントについて説明します。

内容

標準学習時間 2.5時間(確認テスト有り)
学習形態 eラーニング
対象者 オープンシステムにおける性能設計を学びたい方。オープンシステムを用いた開発に携わるプロジェクトメンバなど
前提条件 基本情報技術者レベルの知識を有する方

カリキュラム

第1章 性能設計のポイント
システム特性を理解する/設計初期の品質の作り込みを重視する/他の品質特性とのバランスをとる/プロジェクト全体として取り組む/重要な点には自ら目を光らせる/常識的な感覚を養う
第2章 オンライン処理性能設計
オンライン処理システムとは/オンライン処理の要件/オンライン処理の選択項目
第3章 バッチ処理性能設計
バッチ処理システムとは/バッチ処理の要件/バッチ処理の選択項目

受講費用

【ASP提供】オープン価格(下記の「 ASPサービスご提供パートナ」へご連絡をお願いします)

【CD-ROM提供】別途お問合せください。[e-mail] itil-info@intellilink.co.jp

お申し込み

【 ASP提供】ASPサービスご提供パートナ:

【CD-ROM提供】[e-mail]