現在地

HVDC DC12V方式 + XECHNO Power

これまでデータセンターの節電といえば、ファシリティー部分の空調改善が一般的でした。
これに対してNTTデータ先端技術は、電力経路における交流(AC)/ 直流(DC)交換時の電力ロスに着目し、変換段数を削減して極めて効率的に電力を送れるソリューションを開発。

それが、直流給電ソリューション「XECHNO Power」と高電圧直流(HVDC)給電システムです。

接続は既存のACタイプにもHVDCタイプにも対応
集中電源への入力電力はAC、HVDCの双方に対応。まずは既存のAC入力でXECHNO Powerをご使用いただき、その後HVDCへ移行することも可能です。
静かな省エネ効果
集中電源効果により、電力効率を確実に向上できます(従来のシステム構成によります)。
高い安全性
DC12Vであれば、たとえ感電しても人体への影響はほとんどありません。
サーバーのメンテナンスも安心して行えます。
故障・トラブルも低減
サーバー内のAC電源関連の部品が排除され、よりシンプルな構造となったことで、故障率の低減が期待できます。バッテリーの切り替えもないため、停電時も信頼性も確保しています。
放電・感電を防止
高電圧直流遮断時のアーク(高温・閃光)を抑制する特許技術を開発。
さらに、感電時に電流の制限を行う中点アースを設置しました。
初期投資も少なく、メンテンナンスも容易
直流給電の特長は、電池のように集中電源を追加できることにあります。
つまりシステム構築段階では必要最低限の集中電源のみ導入するだけで済み、初期投資を抑えることができます。
こうしたn+1冗長運転により、仮に故障が発生しても、他の集中電源が機能するためにシステムダウンせず、メンテナンス時もシステムを止める必要がありません。

関連情報

事例紹介

さくらインターネット株式会社様

  • さくらインターネットとNTTデータ先端技術、世界初、直流給電データセンターを実現
    ~石狩データセンターの商用環境で、次世代電源システム「HVDC DC12V方式」本格稼働~
    http://www.sakura.ad.jp/press/2013/0321_hvdc/

XECHNO Power/日本無線株式会社様

約300台の物理サーバを「Bi zXaaS構築・運用サービス」で仮想化統合直流給電ソリューション「XECHNO Power」と高電圧直流給電を導入し省電力効果を最大化