現在地

Oracle Big Data Appliance

Oracle Big Data Appliance(BDA)は、HadoopおよびNoSQLの処理用に最適化されたEngineered Systemであり、ビッグデータの蓄積から変換、分析など、企業におけるデータ活用を効率的に行うためのHadoop基盤です。また、BDAと併せてOracle Big Data SQL(BDS)を使用することで、HadoopおよびNoSQLのデータを、Oracle Databaseのデータとシームレスかつセキュアに統合できます。

特長

事前最適化されたHadoop基盤であるため、短期構築かつコスト削減が可能

  • 事前構築/調整済みEngineered Systems製品
  • DIY(手組)と比べて40%のコスト削減、30%の構築期間短縮
  • エンタープライズでの実績が豊富な Cloudera’s Distribution including Hadoop (CDH)をHadoop のディストリビューションとして採用
  • ハードウェアから CDH を含めたソフトウェア・スタックまでの保守を一本化

高速な処理機能による超大量データ処理への対応

  • 独自機能Perfect Balanceにより、MapReduceの処理時間を短縮
  • 最大15倍MapReduce処理を高速化

Oracle Databaseとの融合 

  • Oracle Big Data SQL(BDS)の活用により、Hadoopをデータベースの領域として活用することが可能。
  • Hadoop領域にはOracle Database のライセンスが不要なため巨大なデータ領域を安価に構築可能

高度なセキュリティ

  • Kerberos/LDAP認証、Apache Sentryによる認可、ネットワークおよびHDFSデータの透過的暗号化をサポート

こんな課題をお持ちであれば、ぜひBDAをご検討ください

  • 高性能な Hadoop 基盤を手軽に導入したい!
  • Hadoop を既存のデータ・ウェアハウスやアプリケーション、ツールとスムーズに連携させたい!
  • ハードウェアから Hadoop のディストリビューションを含めたソフトウェア・スタックまでの保守を一本化したい!

Oracle Big Data SQL でHadoopにSQLアクセス

Oracle Big Data SQL(BDS)を活用することで、Oracle DatabaseからHadoop上のデータに対して、SQLでシームレスかつセキュアにアクセス可能になります。

  • Oracle Database、Hadoop、NoSQLのデータを1つのSQL問合せ内で結合
  • 既存のアプリケーションやツールから Hadoop、NoSQL 上のデータを活用可能
  • Oracle Databaseのセキュリティおよびアクセス・ポリシーをHadoopおよびNoSQLのデータに適用
  • Smart Scanを使用してすべてのデータの問合せパフォーマンスを最適化

事前検証から基盤・アプリケーションの設計・開発まで、NTTデータ先端技術がトータルにサポート

社内に併設したOracle Engineered Systems Labの実機による導入前のPoC(事前検証)をはじめ、導入時のコンサルティング、基盤の設計・構築からアプリケーションの開発まで、お客さまに最適なシステム構築をトータルにご支援します。

以下、実際に当社で行ったBDAおよびBDSの検証シナリオおよび検証結果についてご紹介しています。

関連サービス