現在地

GAIT

GAITとは

GAIT(ゲイト):Global Assessment of Information Technology とは、「今」必要とされる最新技術のスキルレベルを数値化して測定する、世界中のITに携わる方々のための試験です。

概要

GAITは特定の国・企業・団体に依存しない、国際的なIT試験です。
新しくリリースした「GAIT2.0シリーズ」の出題範囲はインフラストラクチャからOS・アプリケーション・クラウド・セキュリティ、DXまで多岐にわたります。これらのフィールドはさらに20のカテゴリに区分され、ITスキルセットの隅から隅までを測定することができます。
ITプロフェッショナルに必要な知識を試験に反映させると同時に、問題を常に高い品質に保つため、GAITはSME(主題専門家)によって開発されています。

従来の「GAIT」ではクラウド時代におけるスキル測定をカバーしておりましたが、デジタルイノベーション時代へとシフトする今、新たにDXを技術で具現化するエンジニア向けに「GAIT2.0」、DXで 顧客体験(CX), 従業員体験(EX) に取り組む業務担当者向け「e-GAIT2.0」を展開しました。2つ試験は目的や役割に応じて選択できます。

試験概要

  • GAIT2.0(NEW)
  • e-GAIT2.0(NEW)
  GAIT2.0(NEW) e-GAIT2.0(NEW)
会場 ご指定頂いた場所もしくは当社(東京都中央区月島1-15-7 パシフィックマークス月島)
費用(税込) 9,350円 2,310円*
受験資格 どなたでも受験いただけます
対象者 エンジニア向け 業務担当者向け
問題形式 単一回答/複数回答
試験時間 60分 30分
試験形式 オンライン
出題数 160問 80問
試験結果(有効期間1年間) 0~990点 0~300点
備考 指定された「受験開始日」から14日以内に受験してください。
※受験いただけなかった場合でも、発注時の数量分だけご請求させていただきます。
スコアレポートは後日郵送いたします。

※:言語は日本語のほか、英語もご選択いただけます。

出題範囲

◆GAIT2.0 ・e-GAIT2.0 7フィールド/20カテゴリ

出題レベルについて

GAIT2.0

  • 用語の理解
  • 基本的な使い方
  • 応用的な使い方
  • トラブルシューティング/チューニング

e-Gait

  • 用語の理解
  • 基本的な使い方
フィールド カテゴリ
インフラストラクチャ(ハードウェア系) ストレージ
ネットワーク
サーバー
OS&ミドルウェア(ソフトウェア系) Windows
Linux
Database
アプリケーション 設計
実装
開発プロセス
クラウド SDx
マネージドサービス
開発
セキュリティ 要素技術
インフラ・クラウド
DXセキュリティ
DX技術 AI
IoT
Fog
DX利活用 技術利活用
データ利活用

お申し込み/お問い合わせ

NTTデータ先端技術株式会社 Altemistaテクノロジーコンサルティング室 事業革新担当
INTELLILINK Training Academy

申込窓口:下記のいずれかをご利用ください。