現在地

NTT DATA Innovation Conference 2021に登壇・出展します

イベント - 2020.12.14

2021年1月28日(木)、29日(金)にオンラインで開催される『NTT DATA Innovation Conference 2021』に登壇・出展します。

NTT DATA Innovation Conferenceは、本年度で13回目を迎えるNTTデータ主催のプライベートカンファレンスです。
初のオンライン開催となる今回のテーマは「デジタルで創る新しい社会」。
メディアアーティスト/筑波大学図書館情報メディア系准教授 落合陽一氏による基調講演や、日本・海外のお客様事例など、デジタルテクノロジーとビジネス変革の最新潮流を体感できる内容になっています。

オンライン会場へのご来場を心よりお待ちしております。

イベント概要

日時 2021年1月28日(木)、29日(金)
会場 オンライン
主催 株式会社NTTデータ
参加費用 無料(事前登録制)
詳細・お申し込み方法 下記フォームに必要事項を記載し申し込みください。
https://www.nttdata.com/jp/ja/innovation-conference/(NTTデータ公式サイトへ移動)

当社講演・展示概要

講演
開発者の在宅勤務率を90%にするだけで終わらせない「ゼロトラスト」セキュリティ実現へのステップ

働き方改革やテレワークの導入が進む中、必ず懸念材料として挙げられるのが、セキュリティに関する問題です。「社内ネットワークは安全」「ネットワークの入口・出口をチェック」といった、従来の「境界防御モデル」のセキュリティ対策では、充分と言えなくなっています。そこで注目されているのが、「すべて信頼しない、常に検証する」という「ゼロトラスト」セキュリティです。本講演では、当社の開発環境へのゼロトラストをベースにしたセキュリティ対策の導入事例をもとに、ゼロトラストセキュリティの考え方や、そのステップをご紹介します。

佐藤 雄一
NTTデータ先端技術株式会社 セキュリティ事業本部
セキュリティコンサルティング事業部
チーフコンサルタント
佐藤 雄一
展示
ITOM/ITSM領域での情報活用を推進ServiceNow連携ソリューション

本展示では、サーバ・ミドルウェア・アプリケーション等の構成情報を複数システムより収集・ServiceNowと連携し、CI/CDおける情報管理・活用を促進する、構成情報活用サービス「Improovs」、並びに、ServiceNowに対するシステム運用結果のインシデント起票や、管理対象システムの構成情報(CMDB)同期をシームレスに実現し、ITOM/ITSM領域でのServiceNow活用をより容易に、安価に実現するシステム統合運用管理ソフトウェア「Hinemos」をご紹介します。

脅威を見える化するインテリジェンスで企業を守る!最先端サービスのご紹介

NTTデータ先端技術では、セキュリティを脅かす情報の収集、蓄積を行っており、インテリジェンスベンダとの連携により最新の脅威情報を活用・分析する最先端の”サイバー脅威インテリジェンス”を提供しています。
お客さまは、自組織がおかれているサイバー空間上での脅威を正しく認識し適切なセキュリティ対策を実施することが可能となります。
本展示では、具体的にはどのような対策が可能なのか、サイバー脅威インテリジェンス活用したTLPT(脅威ベースのペネトレーションエスト)支援サービスやセキュリティマネージドサービス、スレッドハンティングサービスを始めとしたセキュリティサービスをご紹介します。