現在地

【プレスリリース】NTTデータ先端技術、米Nuage Networks社の SDNソリューションを取り扱い開始

~より低コストで柔軟なEnd-to-EndのSDN提供を目指す~


プレスリリース - 2016.10.28

NTTデータ先端技術株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三宅 功、以下、NTTデータ先端技術)、はNOKIAのベンチャー子会社であるNuage Networks(ニュアージュネットワークス 本社:カリフォルニア州マウンテンビュー、CEO:スニール・カンデーカール、以下 Nuage)のネットワーク仮想化(SDN)ソリューションの取り扱いを開始しました。
Nuage社のSDNソリューションは、従来のSDNソリューションとは異なり、特定のベンダー製品に依存しないため、SDN導入に伴う既存のネットワークへの変更を最小限に抑えることができます。
これによりSDNを容易に導入することが可能となり、従来別々に管理されてきたオフィス、データセンター、WAN、クラウドなどのネットワーク環境を一元管理し、システム配置の自由度の向上や、運用管理コストの大幅な削減を実現します。

背景

企業システムにとってサーバーの仮想化技術はごく一般的なものとなりました。また、クラウドの普及も進んでおり、企業システムの基盤は物理的な制限から解放され、用途に応じた幅広い選択肢から選べるようになりました。
一方、企業のネットワークに関してはいまだに物理的な機器に依存することが多く、これらの物理的な制限が企業システムの拡張性と運用性を損なう要因となっていることから、ネットワークの仮想化はあらゆる企業にとって検討すべき課題となりつつあります。
このような背景から企業でのネットワーク仮想化への取り組みは2014年頃から徐々に普及が始まっており、大規模な導入事例などのニュースも聞こえるようになってきました。
調査会社の市場予測も2020年頃まで毎年大幅に成長を遂げる分野であるという見解を示しており、ネットワーク仮想化の動きは今後さらに加速していくことが見込まれます。
しかし、ネットワーク仮想化技術の中には、特定のメーカーに依存した構成が必要な製品があります。そのため、仮想化基盤やネットワーク機器などの大幅な入れ替えが必要になり、導入コストが大きく、大規模ネットワークを運用するデータセンター事業者や通信事業者以外ではコストに見合うメリットが得られにくいという点が課題となっています。
NTTデータ先端技術では、既存のIT資産を最大限活用したいという要望に対応するために、幅広いサードパーティー製品のサポートを提供するNuage社のネットワーク仮想化ソリューションを活用し、お客さまのビジネスに最適なネットワーク環境を提供します。

Nuage社 SDNソリューションの特長

  • オーバレイ方式*注1のネットワーク仮想化技術の採用により、物理的なネットワーク構成に依存しないネットワーク仮想化が可能となります。物理的な構成に依存しないため、既存のネットワーク環境を活用した仮想化の導入が可能となります。
  • 仮想化されたネットワークは、Nuage社の統合管理ツールで一元的に管理することが可能になります。管理ツールは直感的に利用可能なGUIを採用し、統合管理ツール上でドラッグ&ドロップの操作を行うだけでネットワークの追加、設定変更が可能となります。
  • ネットワークを仮想化し、一元管理を行うことで、これまで拠点毎のネットワーク出口に設置していたファイアウォールなどのネットワークセキュリティ製品を集約することも可能となり、機器導入コストや保守運用コストなどの削減にも貢献することが可能です。

今後について

NTTデータ先端技術は、仮想化基盤の構築や企業ネットワークの構築で培ったノウハウやプロジェクト遂行力を基に、官公庁や金融機関といったミッションクリティカルなシステムの領域にネットワーク仮想化の提案を進めて行きます。
複数のデータセンター間のネットワークを仮想化して接続する検証や複数のサーバー仮想化製品が導入されている環境での通信検証などをNuage社と共同で実施しています。
今後は複数のWANが存在する環境やパブリッククラウドサービスとプライベートクラウドを連携する環境での共同検証を予定しており、年内の検証完了を予定しています。
今後もNuage社をはじめとしたSDNソリューションの展開を強化し、SDNソリューションを中心とした企業ネットワーク領域において2018年度までに10億円の売り上げを目指します。

代表者のコメント

お客さまのビジネスニーズの多様化が進み、様々な仮想化技術を利用しシステムが構築されている現在、これらの基盤を統合し、利用者にとってこれらの技術の違いを意識しないネットワーク環境の構築が求められるようになっております。
Nuage Networks社が提供するネットワーク仮想化技術を採用することで、特定のネットワーク仮想化製品に依存することなく、よりシンプルなネットワーク仮想化環境のご提供が可能となることを期待しています。
NTTデータ先端技術は、これらのネットワーク仮想化を含めたIT基盤トータルの仮想化ソリューションをご提供することで、ITによってよりビジネスを加速させるお客さまの取り組みをご支援していきます。

NTTデータ先端技術株式会社
代表取締役社長 三宅 功

複数のSDNソリューションを対象にした広範な試験を経て、NTTデータ先端技術がNuageを選択し、彼らのクラウドサービスにとって我々が最適な追加要因であるとの結論に至ったことを、たいへん喜ばしく光栄に思います。NuageはSDNソリューションのみならず、データセンター内でSD-WANと共にSDNを管理をする一枚の「窓」を提供しています。インテグレーションを専門とするNTTデータ先端技術との協力により、日本の大企業のお客さまは、高機能クラウド基盤をさらに強化する上で極めて貴重なリソースを得ることになります。

Nuage Networks
CEO スニール・カンデーカール

Nuage Networks について

Nuageは、フランス語で「雲(クラウド)」を意味します。シリコンバレーに拠点を置くNuage Networksは、スケーラビリティ、プログラマビリティおよび信頼性を兼ね備えたSDNソリューションを展開しています。Nuageは企業やテレコム業界におけるビジネス・クリティカルな領域であるデータセンター内やデータセンター間、さらにはWANなどの通信環境におけるSDNの展開をバックアップします。Nuage Networksに関する詳細は: www.nuagenetworks.net, をご覧ください。

  • *注1 VXLANなどのL2カプセリングプロトコルを利用し、異なる物理サーバー上の仮想スイッチをグループ化することによりL2ネットワークを仮想的に拡張する方式。
  • * Nuage NetworksおよびNuage Networksロゴは、Alcatel Lucent SAの完全子会社であるNuage Networks from Nokiaの登録商標であり、これらの登録商標はAlcatel Lucent SAに帰属します。
  • * その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

NTTデータ先端技術株式会社

営業推進部 営業推進担当 広報グループ
大西
Tel:03-5843-6860

製品・サービスに関するお問い合わせ先

NTTデータ先端技術株式会社

プラットフォーム事業部 企画担当
高野
Tel:03-5843-6815