現在地

【ニュースリリース】Linux OSおよび「Oracle VM」の一次保守サービスを開始

~オラクル製品サポート範囲を拡大、お客さまの運用・保守に係る手間削減やコスト低減に寄与~


ニュースリリース - 2018.12.06

NTTデータ先端技術株式会社(本社:東京都中央区、以下:NTTデータ先端技術)は、オラクルとのサポートサービスの対象範囲を拡大し、「Oracle Linux」、「Red Hat Enterprise Linux」といったLinux OS(OS:オペレーティングシステム)、ならびに仮想化ソフトウエア「Oracle VM」の一次保守サービスを12月6日より開始します。
本サービスは、NTTデータ先端技術が一元的な窓口となり「Oracle Linux」、「Red Hat Enterprise Linux」といったLinux OSおよび「Oracle VM」の問い合わせ対応や修正アップデートの提供をはじめ、当社の専門知識と技術をもつエンジニアが障害時の原因特定に向けた調査を強力に支援します。これにより、お客さまはミッションクリティカルなシステム利用においても安心して従来業務に専念することができます。
NTTデータ先端技術は本サービスの提供により、2021年までに累計約2億円の売り上げを目指します。

背景

これまでNTTデータ先端技術では、「Oracle Cloud」、「Oracle Engineered Systems」を中心としたオラクル製品において、導入前の事前検証PoC(Proof of Concept)をはじめ、導入後の一次保守サービスまで、システムのサイクルに沿ったトータルサービスを提供しています。
「Oracle Linux」は、クラウドでもオンプレミスでも使用される実績あるOSであり、当社のOracle Engineered Systems Labにおいても他のオラクル製品と組み合わせて製品検証・評価に取り組んできました。
今回は従来から提供している各種オラクル製品の一次保守サービスに加え、新たに「Oracle Linux」をはじめとしたLinux OSならびに「Oracle VM」の一次保守サービスの提供を開始し、オラクル製品のサポートサービスを拡充することでお客さまへの支援を強化します。

一次保守サービスの概要と特長

本サービスは「Oracle Linux」「Red Hat Enterprise Linux」といったLinux OSならびに「Oracle VM」に関してNTTデータ先端技術のオラクルサポートセンターが一元窓口となり、問い合わせ対応や修正アップデートの提供を行います。また、当社の専門知識と技術をもつエンジニアが障害発生時の原因特定に向けた調査を強力に支援します。

図:一次保守サービスの概要図

図:一次保守サービスの概要図

本サービスの特長は以下の通りです。

専門知識と技術をもつエンジニアが導入から運用・保守までを強力に支援

本サービスでは専門の知識・技術をもつエンジニアが一元的な窓口となり、オラクルと密に連携しながらLinux OS導入から障害の切り分けや技術調査、そして修正アップデートの提供を行います。これにより、お客さまはミッションクリティカルなシステム利用においても安心して従来業務に専念することができます。なお、従来からRed Hat環境を利用しているお客さまについても再インストールの必要なく、書面による契約手続きのみでサポートを継続して利用できます。

「Red Hat Enterprise Linux」の年間サポート費用を最大で1/2程度に削減可能

NTTデータ先端技術とオラクルとの連携により、「Red Hat Enterprise Linux」の年間サポート費用を最大で1/2程度に抑えることができるため、サポート費用に係るコストを抑えつつ「Red Hat Enterprise Linux」の利用が可能です。

業務の滞りなくシステムアップデートが可能(※Oracle Linuxのみ)

再起動することなくLinux カーネル(注1)のアップデートが可能になります。独自ユーティリティである「Oracle Ksplice(オラクル・ケースプライス)」を利用することで、アップデートの間、業務・システムに影響を与えることなく、アプリケーションの実行中にアップデートを行う事ができます。

今後について

NTTデータ先端技術は、「Oracle Linux」「Red Hat Enterprise Linux」といったLinux OSならびに「Oracle VM」の一次保守サービスの提供により、2021年までに累計約2億円の売り上げを目指します。

オラクル・コーポレーションからのエンドースコメント

Oracle Linux および仮想化製品担当 グループ・バイス・プレジデントであるデービッド・フレーム(David Flame)は、次のように述べています。

「本日、NTTデータ先端技術とOracle Linux および 仮想化製品まで含めたサービス拡充の発表を歓迎します。オラクルは、過去10年以上に渡りオープンソースへの貢献を続けて参りました。一方、NTTデータ先端技術は、日本のエンタープライズ市場におけるミッションクリティカルなシステムで高い評価を得ています。今回のサービス拡充により、お客さまは迅速かつ高可用性を担保しながら、真にオープンな基盤の上でミッションクリティカルなサービスを享受できることになります。」

参考

  • (注1)カーネルとは、ハードウエアとソフトウエアのやりとりを仲介するプログラムです。
  • *OracleとJavaは、Oracle Corporationおよび、その子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
  • *その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

NTTデータ先端技術株式会社

営業推進部 営業推進担当 広報グループ
甘田(かんだ)
Tel:03-5843-6860

製品・サービスに関するお問い合わせ先

NTTデータ先端技術株式会社

オラクル事業部 営業担当
佐藤・那須
Tel:03-5843-6897
E-Mail:oracle-sales@intellilink.co.jp