現在地

【お知らせ】当社社員2名が、Microsoft MVPアワードを連続受賞しました(18年・4年連続受賞)

お知らせ - 2020.07.21

NTTデータ先端技術株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:木谷 強、以下:NTTデータ先端技術)は、2020年7月にマイクロソフト米国本社よりMicrosoft Most Valuable Professional(以下、MVP)アワードにて、当社ソフトウェアソリューション事業本部社員の小鮒と鈴木が、それぞれEnterprise Mobility部門と、Developer Technologies部門を受賞しましたので、お知らせします。

受賞について

小鮒 通成

NTTデータ先端技術
ソフトウェアソリューション事業本部
ソフトウェア基盤事業部 MS基盤担当
小鮒 通成 (18年連続受賞)

鈴木 友宏

NTTデータ先端技術
ソフトウェアソリューション事業本部
ソフトウェア基盤事業部 MS基盤担当
鈴木 友宏(4年連続受賞)

MVPアワードは、マイクロソフトの製品・技術に関する豊富な知識や経験を、コミュニティと共有する個人に対して、毎年マイクロソフト米国本社が表彰するプログラムです。
主に講演やブログへの投稿、オンラインコミュニティでのユーザー支援など、マイクロソフト製品に関連するさまざまな活動が評価されます。2020年7月現在、世界90か国以上で2,800名超、日本では約170名の方々が、MVPを受賞しています。

MVPの受賞が18回目の小鮒は、主にMicrosoft Forumsにおいて、ユーザーからの多様な質問に返答し、積極的に技術コミュニティへ貢献しています。また、受賞が4回目の鈴木はクロスプラットフォームのアプリ開発環境であるXamarinを中心に、マイクロソフトが主催するテック系イベントの「de:code」や、iOS 最大のイベント「iOSDC Japan」登壇などの活動を行っています。このような前年の実績が、今回の受賞へとつながりました。

受賞概要

部署名
氏名
カテゴリー受賞
回数
主な活動/貢献分野
ソフトウェアソリューション
事業本部
ソフトウェア基盤事業部
MS基盤担当
小鮒 通成
Enterprise
Mobility
18回 MSDN/Technet (Forum Participation, Microsoft Forums)/ Identity and Access, Windows Server for Small & Medium Business など
ソフトウェアソリューション
事業本部
ソフトウェア基盤事業部
MS基盤担当
鈴木 友宏
Developer
Technologies
4回 de:code 2019登壇、
de:code 2019 Microsoft MVP パーソナル スポンサー、iOSDC Japan 2019登壇、docs.microsoft.com 日本語翻訳の修正フィードバック、など/.NET、Xamarin

当社の取り組みと今後

NTTデータ先端技術は、技術を高め社会に貢献する社員の活動や研修を奨励し、高度な技術力を持つ社員の育成に注力しています。当社は今後も、社員の技術力を通じて、より多くのお客さまに幅広くマイクロソフト製品の活用機会を提供し、ビジネスの成長に貢献するサービスを拡充していきます。

本件に関するお問い合わせ先

NTTデータ先端技術株式会社

営業統括本部
営業企画推進部
企画担当
E-mail: