現在地

2021年新春のご挨拶

お知らせ - 2021.01.04

2021年の年始にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

昨年は新型コロナウィルスの脅威が広がるなか、お客さまおよびパートナー企業の皆さまから弊社に対し多大なご愛顧をいただきました。心から感謝申し上げます。弊社も1年を通じて事業の推進および感染拡大防止に努め、大きな問題なく1年を終えることができたことを安堵しております。

コロナ禍においても、CPU、ネットワーク、ストレージの指数関数的な性能向上はとどまるところを知りません。高性能低消費電力GPU、5G通信、大容量低価格フラッシュストレージは、すでに利用が始まった最近の技術革新の事例です。ハードウェア性能の劇的な向上によって、ディープラーニングをはじめとする大量データを高速学習するアルゴリズムが発展し、非連続的なAI技術の進化として第3次AIブームが続いています。IoTやブロックチェーンなど、先進技術の適用事例も増えています。

弊社はIT基盤、ソフトウェアソリューション、セキュリティの事業領域において、先進技術ソリューション・サービスをいち早く取り入れ、「技術のNTTデータ先端技術」として、最新技術をお客さまに提供してまいります。また、政府のデジタル庁創設やコロナ禍におけるデジタル化推進の動きにも対応し、お客さまのデジタル・トランスフォーメーション(DX)に向けたロードマップ作成を支援するITコンサル活動を強化します。

アフターコロナにおいても働き方が非接触・非対面が中心となることが予想され、リモートワーク、リモート開発・運用、職場安全管理・危機管理、非対面チャネル(営業・コールセンター)など、さまざまなシーンでのソリューション・サービスが求められます。IT環境は大きく変化しており、たとえばゼロトラストセキュリティに基づくセキュアかつストレスの少ないリモートアクセス環境の導入が始まっています。一方で、リモートでのチーム作業、労務管理、さらにコミュニケーション方法の改善など、集合型を前提とした従来の人間系のプロセス・手法をどう変えていくのか、弊社においても模索が続いています。

弊社は今後もESG経営を前提に、NTTデータグループの一員として事業による社会貢献および企業活動による社会貢献(CSR)を一層進めていく所存です。社員一丸となって高付加価値なサービスの提供を追求し、パートナー企業の皆さまとの連携を強化しつつ、微力ながらお客さまおよび社会の発展に寄与するよう頑張ってまいります。

本年も引き続き、ご支援、ご愛顧いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

2021年 新春

NTTデータ先端技術株式会社
代表取締役社長 木谷 強