現在地

第2回 wsadminで楽々構築 WebSphere Application Server その2


第1回は、コマンドラインでWebSphereのアプリケーションサーバーを構築する手法について触れました。第2回では、第1回の構築コマンドを改良し、複数台を構築する方法についてご説明したいと思います。

servername の値をserver_listから取り出し、for文で回すことで複数のアプリケーションサーバーを構築することが可能となります。appserver01と、appserver02については前回構築済みなので、今回はappserver03~05までを構築してみます。

※jythonはpythonのjava実装となりますので、pythonの構文に従い、インデントに注意して記載する必要があります。

server_list = ('appserver03','appserver04','appserver05')
 
for servername in server_list:
nodename="testNode01"
templatename="default"
genuniqueports ="true"
AdminTask.createApplicationServer(nodename,   '[-name   '+servername+' -templateName '+templatename+' -genUniquePorts '+genuniqueports +' ]')
 
AdminConfig.save()
AdminNodeManagement.syncActiveNodes()
print AdminConfig.list('Server')
 



wsadmin>server_list = ('appserver03','appserver04','appserver05')
wsadmin>
wsadmin>for servername in server_list:
wsadmin>       nodename="testNode01"
wsadmin>       templatename="default"
wsadmin>       genuniqueports ="true"
wsadmin>       AdminTask.createApplicationServer(nodename,   '[-name   '+servername+' -templateName '+templatename+' -genUniquePorts '+genuniqueports +' ]')
wsadmin>
'appserver03(cells/testCell01/nodes/testNode01/servers/appserver03|server.xml#Server_xxxxxxxx)'
'appserver04(cells/testCell01/nodes/testNode01/servers/appserver04|server.xml#Server_xxxxxxxx)'
'appserver05(cells/testCell01/nodes/testNode01/servers/appserver05|server.xml#Server_xxxxxxxx)'

wsadmin>
wsadmin>AdminConfig.save()
''
wsadmin>AdminNodeManagement.syncActiveNodes()
---------------------------------------------------------------
AdminNodeManagement:      Synchronize the active nodes
Usage: AdminNodeManagement.syncActiveNodes()
Return: If the command is successfully invoked, a value of 1 is returned.
---------------------------------------------------------------
 
testNode01
1
wsadmin>print AdminConfig.list('Server')
appserver01(cells/testCell01/nodes/testNode01/servers/appserver01|server.xml#Server_xxxxxxxx)
appserver02(cells/testCell01/nodes/testNode01/servers/appserver02|server.xml#Server_xxxxxxxx)
appserver03(cells/testCell01/nodes/testNode01/servers/appserver03|server.xml#Server_xxxxxxxx)
appserver04(cells/testCell01/nodes/testNode01/servers/appserver04|server.xml#Server_xxxxxxxx)
appserver05(cells/testCell01/nodes/testNode01/servers/appserver05|server.xml#Server_xxxxxxxx)

dmgr(cells/testCell01/nodes/testCellManager01/servers/dmgr|server.xml#Server_1)
nodeagent(cells/testCell01/nodes/testNode01/servers/nodeagent|server.xml#Server_xxxxxxxx)
wsadmin>
 

これでappserver03~05までを一度に作成できます。

複数のアプリケーションサーバーの構築をする場合、コマンドで構築すると非常に楽になりますし、画面で作業を行う場合に比べて作業時間と作業結果の確認時間を少なくすることができます。是非参考にしていただければと思います。

今回は第1回に引き続き、コマンドラインでのアプリケーションサーバーの構築方法についてご説明しました。第3回では、コマンドラインでのアプリケーションサーバーのパラメーター設定、設定情報採取の方法についてご説明したいと思います。