現在地

第9回 バージョン管理していますか?


前回(2015年11月)の掲載から、ずいぶん時間がたってしまいました。申し訳ありません。昨年からOracle Cloud関連のプロジェクトに関わるようになって忙しく、コラムが後回しになってしまいました。今後は2カ月に1回のペースをなるべく守ります。

DBAの世界は遅れている?

今回のテーマは「クラウド」と言いたいところですが、温めていたネタの「データベースのバージョン管理」です。このバージョン管理とは、11.2や12.1といったデータベース・バージョンのことではありません。データベースの初期化パラメーターやスキーマ情報などの変更管理のことです。

今日のシステム開発プロジェクトでは、ソースコード管理にSubversionやGit、Team Foundation Serverなどのツールを使うことが一般化しています。しかしデータベースの変更管理に、ツールを導入しているプロジェクトは少数派ではないでしょうか。

おそらく多くのプロジェクトでは

  • 初期化パラメーター:Excelシートで管理
  • スキーマ情報:DDL生成機能を独自追加したExcelシートで管理

くらいが平均的なところでしょう。

システム開発の現場では、本番環境や検証環境、開発環境など同一システムが複数あるのが一般的です。さらに開発環境は、同一システムに数十個存在することもあります。このような複雑な環境下で、手動管理するのには限界があります。そのため、以下のようなトラブルが発生しています。


  • 本番環境と検証環境の初期化パラメーターが乖離して、設計書と違うものになっている。そして履歴管理していないため、変更した理由がわからない
  • 開発環境のスキーマ変更情報を検証環境に反映し忘れて、アプリケーションエラーになる
  • ストアド・プロシージャとテーブル定義がミスマッチでエラーになる
  • 環境によってパフォーマンスが違うので調べてみたら、インデックスの有無が違っていた

現代のアプリケーション開発現場・・・SubversionやGitでソースコード管理、AntやMaven、Gradleでビルド管理、Jenkinsや各種クラウドサービスでCI(継続的インテグレーション)・・・と言った状況と比べると、DBAの世界はずいぶん原始的です。

使っていてもデータベース・モデリング・ツール?

ツールを使っていたとしても、データベース・モデリング・ツール(スキーマ設計)くらいではないでしょうか。この分野は歴史が古く、80年代からいろいろなツールがありました。現在Oracleデータベースで使われているものとしては、SQL Developer Data ModelerやER/Studio、ERWin、SI Object Browser ER、ERMaster(Eclipseプラグイン)などがあります。そういえば筆者がOracle7時代にERWinを使っていたことを思い出しました。インストールメディアはフロッピーディスクです。

ただしデータベース設計者用のツールなので、データベース・スキーマの変更管理ツールとしてDBAまで普及しているかと言えば微妙です。またツールの機能にも依存しますが、きちんとバージョン管理まで活用できているのは少数派でしょう。

また、これらのツールで管理できるのはスキーマ情報だけです。データベースの初期化パラメーターやパッチ適用レベルなどの構成情報は管理できません。

どのようにバージョン管理すればよいか?

原始的な方法として思いつくのは、テキスト化できる操作やパラメーターをSubversionやGitで管理する方法です。少人数開発で小規模アプリケーションならば、なんとかなりそうです。しかし、規模が大きくなるほど大変になり、記録漏れも発生しそうです。

そのため実際には

  • 設計書→開発環境→検証環境→本番環境

のような一方向の伝搬だけでなく、現状の環境をキャプチャーし、

  • 「検証環境と本番環境」「設計書と開発環境」のギャップ分析

のようなリバースエンジニアリング&比較機能もあるのが理想的です。

そこで今回は次のソリューションを紹介します。


  1. Database Lifecycle Management Pack
  2. SQL Developer Data Modeler
  3. エディションベースの再定義(11gR2~)
  4. その他サードパーティーツール

実際のところ、この分野の議論をインターネットで検索しても意見はさまざまです。それぞれのソリューションで、コンセプトや機能に違いがあり、同一基準では判断できないからです。また何が適しているのかは、使用する組織の文化やプロジェクト次第でしょう。

しかし、どのようなソリューションがあるのか理解することは重要です。それぞれを紹介します。

Database Lifecycle Management Pack

Oracle Enterprise Managerのオプション製品であるDatabase Lifecycle Management Packです。Lifecycle Management Packには、プロビジョニングやパッチ適用、スキーマの変更管理、システムの構成管理など、たくさんの機能があります。その中でも今回紹介するのは「スキーマの変更管理」と「システムの構成管理」です。

「スキーマの変更管理」では、テーブルやインデックスの定義を管理できるだけではありません。おもな機能としては以下のものがあり、プロシージャやトリガーなども変更管理できます。


  • ベースラインの保存:ある地点におけるデータベースと関連オブジェクトの保存
  • スキーマ比較:異なる2つのスキーマを比較して差異を表示
  • スキーマ同期化:ターゲットデータベースに変更を反映して同期化
  • スキーマ変更計画:開発環境の変更をまとめ、複数のターゲットに伝搬
  • データの比較:2つのデータベース間の行データ比較

「システムの構成管理」では、データベースの初期化パラメーターだけでなく以下のことを管理できます。これらのデータは保存できるだけでなく、履歴管理や比較も可能です。


  • メモリーやCPUなどのハードウェア情報
  • OSバージョン
  • Oracleソフトウェア
  • バージョンやパッチレベル
  • データベースの初期化パラメーター
  • 表領域情報

etc

こうして機能を見てみると、Oracleが作ったものだけあって、DBAの運用にとって便利な機能が充実しています。利用するにはDatabase Lifecycle Management Packのライセンスが必要です。しかしExadataユーザーのほとんどがライセンスを購入していることを考えると、使わないともったいない機能です。運用に乗せるまでには、それなりの学習・教育コストはかかりますが、数多くのデータベースがあるシステムでは、それだけのコストをかけても十分元が取れるはずです。詳細は、以下のマニュアルや動画をご覧ください。

SQL Developer Data Modeler

SQL Developer Data Modelerは、SQL Developerの姉妹ツールで、データベース・モデリングに特化したツールです。無償で使用でき、Database Lifecycle Management Pack とは異なり、Standard Editionのデータベースでも使用できます。

またDDL生成機能は当然として、リバースエンジニアリングやSubversionと連携したバージョン管理も可能です。次の例では、リバースエンジニアリング機能を使ってスキーマ情報をインポートし、設計との違いをチェックしています。

1. データベースに接続して、スキーマ情報をインポート。

2. 設定との差分を反映するSQLを生成。差分だけでなく、フルバージョンのSQL(CREATE TABLE文)も生成可能。

エディションベースの再定義

エディションベースの再定義は、これまで説明してきたバージョン管理とは毛色が違う機能です。しかし使いこなせば便利な機能なので紹介します。簡単に説明すると「PL/SQLオブジェクトやビューなどを同時に複数バージョン持つことで、アプリケーションのアップグレードにおける停止時間をゼロもしくは最少にする機能」です。

PL/SQLオブジェクトやビューなどを更新するときには、次のようにアプリケーションの停止が必要です。


  1. アプリケーション停止
  2. PL/SQLオブジェクトやビュー更新
  3. アプリケーション再開

エディションベースの再定義を利用すると、現行ユーザーには変更前のアプリケーション、新規接続ユーザーには新しいアプリケーションといった使い分けができるので、ほぼダウンタイムなしのアップグレードが可能です。ただし表や表データは「エディションベースの再定義」の対象外なので、ビューやクロス・エディション・トリガーなどの工夫は必要です。

詳細は「 Oracle Databaseアドバンスト・アプリケーション開発者ガイド 11gリリース2」や「Oracle Database開発者ガイド 12cリリース1」をご覧ください。

サードパーティーツール

サードパーティーツールは、たくさんあるので、ここでは簡単な紹介にとどめます。1はSQL Developerの拡張オプションでスキーマの変更管理ができます。2はスキーマの変更や同期ができるだけでなく、データの同期やコンプライアンスチェックなどの機能があります。ともに商用製品です。
3と4はAntやMaven、Gradleとの連携を想定したソフトウェアで、開発ワークフローの中に組み込んで使えます。DevOpsを推進するプロジェクトでは使われ始めています。また製品によっては有償版や有償サポートがあります。簡単に説明するのは難しいので、興味のあるかたは調べてください。

おわりに

今回は細かいところまで踏み込めませんでしたが、「1日に何回もアプリケーションをデプロイする」最先端のアプリケーション開発現場と比べると、DBAの運用現場は遅れていると言わざるを得ません。そこまでのアプリケーション要件は無くても、設計書ベースの管理に問題があることは多くの人は認識していると思います。導入時に産みの苦しみはあると思いますが、DBAチームもアプリケーション開発チームに負けない効率化を果たしたいところです。そして本文では説明しませんでしたが、第一歩はDDL文の監査です。少なくとも、いつ誰が何を変更したかは、わかるようにしてください。

にわかワイン通養成講座

第9回 ワインの名前

ワインを飲み始めて戸惑うことの一つが「ワインの名前」です。辛口の白ワインとして有名な「シャブリ」というワインがあります。ところが専門店に行くと、さまざまなメーカーのシャブリが並んでいて、値段も千円くらいから、1万円を超えるものまであります。

初心者のころ、これには戸惑いました。われわれになじみ深いビールや清酒、焼酎で考えてみると、ビールならば「メーカー名」≒「お酒の名前」、清酒や焼酎ならば「メーカー名もしくはブランド名」≒「お酒の名前」が成立します。ワインには異なる規則がありそうです

そして調べてわかったことは、いろいろな「シャブリ」が存在する理由は、

EUにおけるワイン名は地域名を使うことが多い

からです。つまり「シャブリ」という名前は、パリの南東180kmにあるシャブリ地区で醸造され、シャブリの規定に則ったワインならば名乗れるのです。だから名前が同じワインでも、たくさんの種類が存在することになります。

では、同じ「シャブリ」でも値段が大きく違う理由は何でしょうか。もっとも大きな理由は、

生産者と畑の違い

です。ワイン生産者には、一生懸命造っている人もいれば、そうでないこともあります。そうなると当然、ワインの品質も異なります。

またシャブリ地区のブドウ畑は約5400haもあるので(東京都の面積の1/40、東京ドーム1150個)、場所によってワインの品質は異なります。EUはワインの歴史が長いこともあり、よいワインが出来る場所は歴史的に区別され、高値で取引されているのです。

たとえばシャブリの場合、畑は格付けされていて、下からプチ・シャブリ、シャブリ、シャブリ・プルミエ・クリュ(1級)、シャブリ・グラン・クリュ(特級)の順に高くなります。最上級のグラン・クリュは、シャブリ全体のたった2%にすぎません。

地域が狭いほど場所が限られるので、値段も高くなります。仮に東京でワインを作っていたと仮定して、地価で考えるとわかりやすいかもしれません。

日本 < 東京都 < 中央区 < 銀座5丁目

銀座5丁目産のワインがあったら高そうですよね。フランスワインの2大生産地ブルゴーニュとボルドーでは少し仕組みは違うのですが、これをボルドーの5大シャトー筆頭であるシャトー・ラフィット・ロートシルトに当てはめると次のようになります。

日本:フランス
東京都:ボルドー
中央区:ポイヤック
銀座5丁目:シャトー・ラフィット・ロートシルト

つまりラベルに「ボルドー」とだけ書かれているワインよりは「ポイヤック」のほうが高く、さらに「シャトー・ラフィット・ロートシルト」のほうが高くなります。

このような名称の認証制度をフランスでは、AOC(アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ:原産地統制呼称)と言います。AOCでは生産方法やブドウ品種などを規定しているので、同じAOCであれば味わいも似た傾向になります。

そのためフランスワインを理解する第一歩はAOCを覚えることです。AOCは300以上もあって覚えるのが大変とか、いろいろ例外もあるとか、言い出すときりがないのですが、主要なAOCを覚えていると便利なことはたしかです。

これまでヨーロッパのワイン名の話をしましたが、アメリカや南半球の国々では事情が異なります。ニューワールドと呼ばれるこれらの国々では「メーカー名/ブランド名」+「グレード」+「ブドウ品種」という名前が一般的です。

なんだか、まじめな話になってしまいました。生産者や畑を熟知しているとステキなのですが、そのためには多大な時間とお金が必要です。簡単に見栄を張れる知識・・・、とりあえず、シャブリのトップ生産者であるフランソワ・ラヴノーを覚えることにしましょう。最低でも1万円、上級の畑では数万円もする高級品です。

「シャブリと言えばラヴノーだよね」と言えば一目置かれるかもしれません。ただし、うかつにレストランで頼むと、ものすごい請求金額が来るのでご注意を。

まとめ

  • EU産ワインの多くは「地域名=ワイン名」
  • 指す地域が狭いほど値段が高い
  • 同じAOCならば、味わいの傾向も似ている