現在地

セキュリティ女子(仮)の活動レポート ~第4回 「出張CTF for GIRLS」開催レポート

ごあいさつ

お久しぶりです。小境です。

第3回コラムからだいぶ間が空いてしまったので、念のため自己紹介をさせていただきます。私は普段、お客さま先でSOC/CSIRTの構築や改善の支援および、CSIRTにおける日々の脆弱性情報収集を支援するサービスの運用や開発を担当しています。

また、社外活動として「CTF for GIRLS(以下、CTF4G)」の運営に携わっています。
今回はCTF4Gが、昨年末に開催されたSECCCON2018に出展した際の開催レポートをお届けします。

SECCON2018への出展

2018年12月22日(土)、23日(日)に開催されたSECCON2018にて、初となる性別を問わない講演&過去問体験ワークショップを開催しました。

講演は、CTF4G代表の中島 明日香さんと、NTTデータの末吉 亜樹子さんが、それぞれバイナリとWeb問題について丁寧に解説を行い、いずれも大盛況でした。

そして、なにより今回大盛況となった過去問体験ワークショップ!

私自身、社内外の男性からCTFの初歩を知りたいという目的から、CTF4G参加希望の連絡を受けることは少なくないのですが、そんな皆さまが「やっと開催してくれたね」といって、積極的に参加してくださる姿に感動を覚えました。

CTF4Gのワークショップスペースは、当初定員が2名でしたが、体験希望者が続々と増えたため8名まで拡張したのですが、それでも席が足らず、最終的にはSECCON2018運営事務局が用意したモニター観戦席を使っている方もいらっしゃいました。
こちらのワークショップでは、flagをゲットした際の喜びをさらに順位で確認することもできるよう、スコアサーバーも用意しました。

開催日夜の時点での得点は下の画像の通りです。

何と言っても特筆すべき点は、得点数2位の「GYG_from_KOREA」です。
この「GYG_from_KOREA」は、同時開催中のSECCON2018 国際大会の参加チーム!
SECCON2018の息抜き(?)に参加し、わずか2時間ほどで一気に我々の過去問を解いてしまったという強者。さすが、世界大会参加レベルは意味が分かりませんw

最終的には79名の方に参加いただきました。この人数からも、当日会場で着席できなかった多くの方も参加してくれていたことがわかります。
(問題は、残念ながら現在はすでに閉じてしまっていますが、会期中は、会場内のWiFi以外からもアクセス可能な状態で公開していました。)

当日は「CTFってなに?」という質問から、「上級問題のヒントをください!」というご要望など情報セキュリティに関する質問以外にも幅広いお話ができ、我々運営側もとても勉強になるいい機会でした。

ゆくゆくは今回のように、さらに参加者の間口を広げていきたいと考えています。
CTF4Gへのご意見、ご要望などありましたら、みなさまのご意見を伺いたいので、ぜひご連絡をください!

SECCON2018の様子

昨年まで北千住の東京電機大学で開催されていたSECCONですが、今年は秋葉原のAKIBA SQUARE、秋葉原コンベンションホールにて開催されました。

このSECCONでメインイベントであるSECCON CTFですが、世界大会ではチーム「TSG」が優勝しました。
このチーム「TSG」は、東京大学のメンバーで構成されており、SECCON史上初の日本チームによる世界大会優勝となりました。

ちなみにSECCON CTF参加者の通行証は毎年こだわっているようなのですが、今回は。。。なんと、ダルマ!
一つひとつ手作りとの事でとてもカワイイ♪

ですが、首からかけるとバランスの問題か、ほぼみんな背中を見せていて、パット見はリンゴでしたw

そして会場には大だるまも。
こちらは開会式にて実行委員長が左目を、閉会式にて国際大会優勝チームのTSGが右目を入れました!

もちろん、今年も「NIRVANA改(ニルヴァーナ・カイ)SECCONカスタム Mk-V」は新機能を携え、会場を盛り上げてくれていました。

※ サイバー模擬攻防戦の様子をリアルタイムに視覚化

私は毎年閉会式のお手伝いをさせていただいているのですが、最後はそんな運営特権の舞台裏の写真で〆とします!

ではみなさま、またの機会に!

Writer Profile

セキュリティ事業部
セキュリティ対応組織支援チーム担当 チーフエンジニア
CTF for GIRLS運営
小境 彩子