現在地

nginxのチャンク・エンコーディングされたリクエストを処理する際の脆弱性により、任意のコードが実行される脆弱性(CVE-2013-2028)に関する検証レポート

2013/06/06
NTTデータ先端技術株式会社
辻 伸弘
泉田 幸宏
鈴木 宏信

【概要】

nginxに、リモートより任意のコードを実行される脆弱性が発見されました。
この脆弱性は、チャンク・エンコーディングされたリクエストを処理するプロセスにて、細工されたリクエストが送信された場合にオーバーフローが発生する欠陥に起因します。この脆弱性を悪用して、攻撃者はターゲットホスト上にて、nginxのworkerプロセスの動作権限で任意のコードの実行が可能です。

今回、このバッファオーバーフローにより任意のコードを実行される脆弱性(CVE-2013-2028)の再現性について検証を行いました。

nginxのチャンク・エンコーディングされたリクエストを処理する際の脆弱性により、任意のコードが実行される脆弱性(CVE-2013-2028)に関する検証レポート

【影響を受けるとされているシステム】

影響を受ける可能性が報告されているのは次の通りです。

  • nginx 1.3.9
  • nginx 1.4.0

※nginxは、ブラウザからアプライアンス製品の設定変更・確認などの管理方法を提供するためのWebサーバやリバースプロキシ、ロードバランサ機能の提供に使用されている場合があります。
そのため、ご利用されているアプライアンス製品にてnginxが使われているかの仕様をマニュアルなどで確認していただくか、ベンダにお問い合わせいただき確認していただくことを推奨いたします。

【対策案】

この脆弱性が修正された最新版nginx 1.4.1またはnginx1.5.0にアップデートしていただく事を推奨いたしますが、アップデートが実施できない場合はnginxの公式サイトにて公開されている修正方法をご確認ください。

nginx ダウンロードサイト
http://nginx.org/en/download.html

修正方法
http://mailman.nginx.org/pipermail/nginx-announce/2013/000112.html

【参考サイト】

CVE-2013-2028
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2013-2028

nginx security advisories
http://nginx.org/en/security_advisories.html

【検証イメージ】

【検証ターゲットシステム】

  • Ubuntu 13.04上のnginx 1.4.0

【検証概要】

ターゲットシステムに、細工したHTTPリクエストを送信し、任意のコードを実行させます。
今回の検証に用いたコードは、ターゲットシステム上から特定のサーバ、ポートへコネクションを確立させるよう誘導し、システムの制御を奪取するものです。
これにより、リモートからターゲットシステムを操作可能となります。

* 誘導先のシステムは Debian です。

【検証結果】

下図は、攻撃後の誘導先のコンピュータ(Debian)の画面です。黄線で囲まれている部分は、誘導先のコンピュータのホスト情報です。一方、赤線で囲まれている部分は、ターゲットシステム(Ubuntu13.04)において、コマンドを実行した結果が表示されています。
これにより、ターゲットシステムの制御の奪取に成功したと言えます。

PDF版のダウンロードはこちらから PDF版

※ 各規格名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。