インベントリ情報収集機能

下記のソフトウエア/ハードウェア各情報を収集します。検疫実行時にも、バックグランドでインベントリ情報を自動収集することが可能です。

ソフトウエア情報
OS情報、Webブラウザ情報、アプリケーション情報、ウイルス対策ソフト情報、ファイヤーウォール情報、パッチ情報、その他
ハードウェア情報
マシン情報、BIOS情報、CPU / メモリ / HDD情報、ネットワーク情報、その他
  • ※ 管理者の追加定義により、取得項目を追加することも可能です。
  • ※ カテゴリ単位で収集項目の絞り込み・収集頻度の変更を行うことも可能です。

PC集計機能

マシン別、ユーザ別、セキュリティ対策状況別、ソフトウエア別、未使用ラインセンス、サブネット別といった切り口でのマシン集計が可能です。

PC集計機能

ソフトウエアライセンス管理機能

ソフトウエアラインセンス管理の重要性は日増しに高まっていますが、実現は容易ではありません。当システムの導入により、効率的なソフトウエアライセンス管理を実現します。

ソフトウエアライセンス管理機能

ライセンス一覧画面

全体、部署別、OS別、アプリケーション別など、様々な切り口でソフトウエアライセンスの過不足を集計することが可能です。 ライセンスが余っている組織から、不足している組織へ移動する処理が簡単に行えるため、ラインセンスの有効活用が図れます。

集計帳票出力機能

集計データを簡易な操作でワークシートに帳票出力することができます。

カスタムビュー機能

PCから収集したインベントリ情報の集計時に、ユーザ定義による帳票を作成し、帳票出力することも可能です。

契約資産管理機能

会計・購買系システムから契約資産情報(固定資産、リース・レンタル・購入物品、保守)をCSVファイルでインポートし、インベントリ情報と連携管理することが可能です。

ライセンス管理ワークフロー機能

ソフトウエアライセンスの棚卸業務(ラインセンス購入数・使用実態の調査・調整)を実施するためのライセンス管理ワークフロー機能を搭載しています。

ンセンス購入数・使用実態の調査・調整)を実施するためのライセンス管理ワークフロー機能を搭載しています。

その他の特徴

ソフトウエアライセンス管理用の種別設定機能、ソフトウエア追加検出機能、ラインセンス集約機能を搭載しています。