現在地

NOSiDE Inventory Sub System リモートアクセス管理

「NOSiDE Inventory Sub System リモートアクセス管理は、社外で利用されるモバイルデバイスWindowsPC、MacOS Xクライアント、スマートデバイス)を安全に社内ネットワークに接続させるためのMDSM(Moble Device Security Management)を実現するパッケージ型ソリューションです。これまでにNOSDEを ご利用いただいてきた多数のお客様の声をもとに、モバイルデバイスによるリモートアクセスシステムの構築において大きな課題となるクライアントセキュリティを担保し、時間・場所にとらわれないワークスタイルの多様化や大規模災害発生時のBCP対策の実現に貢献することを可能とします。

リモートアクセス管理

システムの概要

スマートデバイス(スマートフォン、タブレット)や軽量・長時間駆動型のノ ートPCの普及に伴い、外出先自宅などからの企業システムに対するセ キュアなリモートアクセスに対するニーズが高まっています。NOSiDE®リモートアクセス管理を導入することで、モバイルデバイスの利 用者が、企業の情報システムに接続する際のセキュリティ対策が実現可 能となります。モバイルデバイス利用者は、WebブラウザWindowsPC、MacOSX搭載 クライアント)もしくは専用アプリスマートデバイス)を利用してNOSDE"リ モートアクセス管理サーバーに接続し、端末診断を実行します。デバイスの接続ポリシー診断が実行され、ポリシーを満たす状態であれ ば、企業内ネットワークへの接続が自動で許可されます。デバイスが接続ポリシーを満たさない場合、企業内ネットワークへの接続は拒否されるため、リモートアクセスデバイスに起因するセキュリティの脅威から社内ネットワークを防御することが可能です。

システムの特長

  • 社外で利用するモバイルデバイスの接 続時診断により、デバイスによる社内ネットワークへの脅威持ち込みの防止が可能。
  • スマートデバイス、モバイルPCの混在 環境へ1システムで対応が可能。
  • リモートアクセス方式として、VPN接続や シンクライアント接続等、各種環境に対応。
システムの特徴

マルチOS/マルチデバイス対応

クライアントは、PC(Windows / Macintosh)はもとより、ト端末やスマートフォンに搭載のiOS や Android OSにも対応。ビジネスシーンで活躍するさま ざまなプラットフォームを幅広くサポートします。

マルチOS/マルチデバイス対応

対応プラットフォーム

サーバー Windows Server 2008 / 2008 R2 / 2012 / 2012R2(x86 / x64)
SQL Server 2008 / 2008R2 / 2012
クライアント Windows Windows10(x86 / x64)
Windows8 / 8.1(x86 / x64)
Windows7(x86 / x64)
Windows Vista(x86 / x64)
Windows Server 2008 / 2008 R2 /
2012 / 2012 R2(x86 / x64)
Mac OS X、macOS(※1)
Android OS 搭載スマートデバイス Android OS 2.3、3.2、4.0~(※1)
iOS 搭載スマートデバイス iOS 7~(※1)
  • ※1 最新バージョンへの対応状況についてはお問い合せください。

クライアント向け機能

  • クライアント接続診断
  • 診断後のプログラム実行
  • シンクライアント連携機能
  • 統計情報参照機能
クライアント向け機能

詳細

管理者向け機能

  • 接繞状況端末診斷履歴管理機能
  • クライアント接続診断ボリシーの設定・管理
  • 動作確認済みリモートアクセス制御装置
  • オプション機能
管理者向け機能

詳細