現在地

情報セキュリティ方針

 NTTデータ先端技術株式会社(以下、当社)は、昨今の情報セキュリティリスク増大に対応した当社の事業活動への影響を鑑み、活動において利用される全ての情報資産を適切に保護することを重要な経営課題と位置づけています。

情報セキュリティリスクを管理し、その理念に基づき、以下の内容に沿った「情報セキュリティポリシー」及び別掲の「個人情報保護方針」を役員、社員、協働者に周知徹底し遵守に努めてまいります。

1.情報セキュリティ管理体制について

 情報セキュリティ担当役員(CISO)を設置し、その責任のもと「情報セキュリティ委員会」を中心とする情報セキュリティ管理体制を組織し、各事業を統括するリスクオーナーの責任と権限に基づき、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を推進します。

 これにより、当社が利用する全ての情報資産を様々な脅威から保護するとともに、万一被害が顕在化した場合にも迅速な復旧を行える体制を整えます。

2.情報セキュリティに配意した事業の推進

 以下の項目を重点にISMSを推進します

  1. 情報セキュリティに配意した情報通信技術関連事業の推進
  2. お客様及び取引先よりお預かりした機密情報(個人情報含む)の保護・管理
  3. 情報セキュリティに関連する法令・条例等の要求事項の遵守

3.啓発活動の推進

 社員及び協働者に対して情報セキュリティに関する啓発活動を行い、意識の向上を図っていきます。

4.継続的改善

 ISMSを運用するとともに継続的な改善を図り、お客様をはじめとする社内外のステークホルダーの期待に応えていきます。

平成19年4月1日制定
平成26年7月2日改定(最終)
NTTデータ先端技術株式会社
代表取締役社長  三宅 功