現在地

SafeNet認証ソリューション

多要素認証の必要性

ユーザーがシステムを利用する際の認証方法の多くは、ユーザーIDとパスワードでの認証が利用されています。しかし、いったんパスワードが第三者に知られてしまえば、その効力は失われます。
他のウェブサービスから漏えいしたIDとパスワードの組み合わせを利用して攻撃する手法や、憶測により不正ログインを試みる手法など、さまざまな攻撃方法による不正アクセスの被害が報告されています。
その対抗手段として、ユーザーIDとパスワードという単一の認証方法だけでなく、複数の要素を用いて本人認証を行う多要素認証の必要性が認知され、採用する企業が増えてきています。

多要素認証とは

多要素認証は、以下の3要素の内2種類以上の認証方法を組み合わせて実現されます。

  • 知識:本人しか知りえない知識(パスワード、パスフレーズ、PIN等)で認証
  • 所持:本人しか持っていない所有物(電子証明書、ワンタイムパスワードトークン、ICカード等)で認証
    • SafeNet認証製品で実現
  • 生体:本人の身体的な特徴(指紋、静脈、網膜等)で認証

SafeNet認証ソリューションの概要

多様なラインナップより、お客さまの認証要件に即したソリューションをご提案します。

ラインナップ

カテゴリー製品/ソリューション名
認証デバイスUSBトークンeToken5110
スマートカードIDPrime MD
ワンタイムパスワードeTokenPASS
MobilePASS
リーダーライター接触型ICカードリーダーID Bridge
ミドルウェアトークン管理クライアントSafeNet Authentication Client(SAC)
Windowsログオン認証SafeNet Network Logon(NLO)
クラウドサービスクラウド認証サービスSafeNet Authentication Service(SAS)

eToken5110

PKI(公開鍵基盤)における秘密鍵・証明書をUSBトークン内で厳重に保管できます。
ICチップ内蔵ですので秘密鍵を外部に取り出すことなく、署名処理を行うことができます。

IDPrime MD

PKI(公開鍵基盤)における秘密鍵・証明書をスマートカード内で厳重に保管できます。
ICチップ内蔵ですので秘密鍵を外部に取り出すことなく、署名処理を行うことができます。

eToken PASS

ハードウェアタイプのOTP(ワンタイムパスワード)製品です。

  • 時刻同期方式もしくはイベント同期方式を選択可能

Mobile Pass

ソフトウェアタイプのOTP(ワンタイムパスワード)製品です。

  • 時刻同期方式もしくはイベント同期方式を選択可能
  • PC(Windows/Mac他、モバイル端末(iOS・Android等)で利用可能

IDBridge CT30

USB接続タイプのスマートカードリーダーです。

SafeNet Authentication Client(SAC)(トークン管理クライアント)

SafeNet認証製品(USBトークン/スマートカード)の管理用クライアントミドルウェアです。

  • 主な機能:トークン初期化、パスワードポリシー設定、証明書インポートなど
  • 日本語対応
  • Windows/Linux/MacOSで利用可能

SafeNet Network Logon(Windowsログオン認証)

SafeNet認証製品を利用してWindowsログオンおよびドメインログオン、リモートデスクトップに多要素認証を導入することができます。

  • USBトークン、スマートカード、OTP製品が利用可能
  • 日本語対応
  • 管理サーバー不要(オプションで提供)

SafeNet Authentication Service(SAS)(クラウド認証サービス)

認証基盤を提供するクラウドサービスです。

  • 短期間で多要素認証を導入可能
  • オンプレミスでSASサーバー構築可能
  • 認証方式:OTP、SMS、モバイル認証、マトリクス(グリッド)認証

※ 当社ではSafeNet以外の認証ソリューションも取り扱っています。詳細はお問い合わせください。

  • ※ その他、記載されている会社名、製品名、サービス名等は、各社の商標です。