現在地

統合ID管理ソリューション VANADIS Identity Manager

統合ID管理によりID/アクセス権限の統一化を実現

企業内でばらばらに管理されている、複数の社内システムのID情報やアクセス権限の承認プロセスを一元的に管理し、セキュリティ向上と運用コスト削減を図る統合ID管理ソリューションです。
ID状態(生存/休止ID、アクセス権限)や利用者をデータベースで確実に管理し、人事マスタとの連携など柔軟な対応も実現。ID管理業務の効率化だけでなく、内部統制対応などコンプライアンス強化も可能にします。

主な機能

企業内で使用されるID情報の管理業務および認証の一元化。統合ID管理システムを、ユーザー情報および認証情報を持つすべてのシステムと連動させることで、全体最適化を行います。主な機能は以下の通りです。

1. ID・権限の一元管理
ネットワーク上に分散配置する複数のシステムのID・権限を一元管理。
2. プロビジョニング
利用者情報の登録や属性の変更に連動して、必要なイベントを自動的に実行。
3. セルフサービス
エンドユーザが自分自身でパスワードのリセットやプロフィールの変更を実施。
4. ログ管理
現在のIDの状態を出力したり、IDの作成/破棄、権限の付与/変更などを記録・レポートすることが可能。
5. IDのライフサイクル管理
定期的なIDの棚卸しなどにより、IDのライフサイクル(生成から消滅まで)を管理。
6. マルチインターフェース
LDAP、Web(IIS、Netscape、Apache、Domino等)、ActiveDirectory、Radiusなど、主要な認証インターフェースに対応。

メリット・効果

運用コスト削減
ID管理業務は、目に見えない運用コストとして、大企業では数千万円かかっているともいわれます。それを一元化・自動化することにより、ID管理業務の効率化と大幅な運用コスト削減が可能になります。
セキュリティ向上
厳格な統合ID管理によりセキュリティリスクが低下し、情報漏えいに伴う損失を防ぐことができます。
内部統制対応
企業内のポリシーに基づいて定義されたプロセスに沿って、統合ID管理を実施。必要な証跡の取得による内部統制対応を実現します。

特長

  • 純国産の統合ID管理ソリューションとして、日本独自の商習慣をサポート。
  • さまざまなシステムとの連携を可能とするインターフェースを搭載し、ID管理業務の効率化を実現。
  • NTTデータの自社使用ソフトを基にしているため、ライセンス費用も安価で、運用コスト削減に貢献。
  • 10年以上の運用実績による信頼性の高いソフトウエアで、セキュリティ向上や内部統制対応を支援。