現在地

セキュリティ・インシデント救急サービス

救急サービス受付アドレス:
※メールアドレスは、迷惑メール防止のため画像で表示しています。大変お手数ですが、手入力で送信をお願いいたします。

事故発生時の被害の極小化を支援します

昨今、不正アクセスのみに限らず、内部犯罪・内部不正行為、管理ミスといった多種多様な原因による、情報セキュリティ事故が後を絶ちません。万が一、事故を起こした場合、組織にとって本当にダメージとなるのは、事故を起こした事実もさることながら、事故後に迅速な対応と処置を行わなかったことで信頼失墜やビジネス機会の損失を招くことです。情報セキュリティ事故が発生した場合に、迅速かつ適切に対応することが求められています。

セキュリティ・インシデント救急サービスは、事故発生時の被害の極小化を支援するインシデント対応サービスです。

情報セキュリティ事故の例

情報セキュリティ事故の例
不正アクセス/ウィルス、マルウェア、ボットなど
  • Webサイト/データベースなどが改ざんされていた
  • ファイルサーバに不審なファイルを発見した
  • ネットワークが重くなった
  • 自社から他社へ不正な通信が発生している
情報漏洩
  • パソコンやUSBメモリを紛失した、盗難にあった
  • メールの誤送信をしてしまった
  • 顧客データが流出しているとクレームを受けた
その他
  • ネットによる風評被害を受けた
  • DDoSを仕掛けるという脅迫メールが届いた

サービス内容

サービス内容

サービス内容

緊急受付
メールにて受付し、状況確認およびオンサイト初動対応に伺うまでの緊急的なアドバイスを実施いたします。
メールでの受付は()までご連絡ください。
※メールアドレスは、迷惑メール防止のため画像で表示しています。大変お手数ですが、手入力で送信をお願いいたします。
オンサイト初動対応
<緊急受付>受付後24時間以内を目標に現場に駆け付けます。状況把握を実施し、被害拡大防止のためのアドバイスや、今後の対応方針策定などのインシデント対応支援をいたします。
本格対応(別サービス)
本格調査、原因究明、復旧・回復など、本格対応の支援をいたします。
本格調査では、ログ解析、ウィルス/マルウェア解析、フォレンジック調査などを行います。
調査を踏まえ、以降の対策について報告書にて助言を実施いたします。

※「特定非営利活動法人デジタル・フォレンジック研究会」の定める「証拠保全ガイドライン」に準拠した調査も実施可能です。

連絡先

救急サービス受付アドレス

インシデントレスポンスチーム

※メールアドレスは、迷惑メール防止のため画像で表示しています。大変お手数ですが、手入力で送信をお願いいたします。