現在地

Deep Security監視サービス with intellilinkARGUS

Deep Security監視サービスとは

Deep Security監視サービスは、トレンドマイクロ社の総合サーバセキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security」と当社が独自で開発した脅威分析エンジンと独自で収集したDNSブラックリストを活用するマネージド・セキュリティ・サービスです。

「Deep Security監視サービス」の特長

① サイバー攻撃の特定から復旧までを支援
インシデント発生時に、当社が一次対応までを支援します。このようなセキュリティ対策には専門の知識、スキルを持った人材が必要になりますが、「Deep Security監視サービス」は、サイバー攻撃の特定(監視対象や資産の特定)、防御(アクセス制御や遮断)、検知(マルウェアや攻撃の検知)、対応(分析・シグネチャの改善)までをワンストップで支援します。
② クラウド環境に適したセキュリティ製品でオンプレミス環境と変わらぬ監視を実施
「Trend Micro Deep Security」では、オンプレミス・クラウドといった環境を問わずサーバー群を総合的に監視することが可能なため、クラウド移行を検討中のお客さまも、オンプレミス環境での対策と変わらない品質で不正アクセスの監視を実施することができます。「Trend Micro Deep Security」に精通した当社のセキュリティスペシャリストがライセンス調達を含めた初期構築から、製品保守対応、セキュリティ監視までをワンストップで提供するため、お客さまは安心・安全なクラウド利用が可能になります。
③ 24時間365日のセキュリティ監視を実現
当社が24時間365日、お客さまシステムへの不正アクセスを監視します。不正な通信を発見した場合は、電話、メール等で緊急連絡を実施します。日々変化するサイバー攻撃に対応できるよう、検知システムのバージョンアップやチューニング作業を随時実施します。これにより、お客さまは専門のセキュリティ人材を確保する負担を軽減でき、高度なセキュリティ確保が可能になります。
④ 特定が難しい脅威も漏らさず検知
当社のセキュリティスペシャリストが、「Trend Micro Deep Security」から収集したお客さまシステムのセキュリティログを、当社独自の脅威分析エンジン「IntellilinkARGUS」を用いて相関的に分析を行うことで、特定が難しい脅威も検知することができます。

「Deep Security監視サービス」によるお客さまのメリット

  • クラウドでの利用を想定した価格体系となっております。オートスケールにも対応した金額体系をご用意しております。
  • 導入時のヒアリングにより、お客様の実際の運用に基づいた最適な運用レベルを提案し、可用性と機密性、完全性を踏まえたセキュリティ運用をご提供します。

「Deep Security監視サービス」導入の流れ

ヒアリング 監視準備 運用
お客さまのネットワーク環境や監視対象の環境情報、内容に応じた連絡先を確認します。 ヒアリング結果に準じたポリシー設定、動作検証やセキュリティ監視センターとの接続試験等を行います。 システムに影響のあるアラートの緊急報告やレポートの提示、シグネチャの更新、チューニングなどを行います。