現在地

Oracle Exadata Database Machine

Oracle Exadata Database Machineは、Oracle Databaseに最適化されたストレージサーバーと高性能Infinibandスイッチ、大容量のスマートフラッシュキャッシュなどから構成され、OLTP、分析系、データベース統合をはじめとしたあらゆるデータベース処理の実行プラットフォームとして最速のパフォーマンスを発揮するオラクルのエンジニアド・システムです。

大規模データウェアハウスの高速処理
  • 大量データの超高速検索 (Smart Scan)
  • カラム単位の高いデータ圧縮(Hybrid Columnar Compression)
  • DB~ストレージ間の高速ネットワーク(Infinibandスイッチ)
オンライン処理と分析処理の混在する統合データベース基盤
  • 大容量のスマートフラッシュキャッシュ
データベースサーバー集約
  • CPUとI/O、ネットワークリソース制御による柔軟なワークロード管理

導入メリット

柔軟なスケールアウト構成
Database Server2台、およびStorage Server3台の最小構成からスタートし、それぞれ必要数に応じて追加が可能。
設計や運用の負荷削減およびコスト最小化
  • 事前検証済みかつHW/OS/DBの最適な組み合わせで構成されているため、機器選定や動作保証が不要。デリバリー期間の短縮が可能。
  • 高速処理ゆえにCPUリソースを抑制でき、DBのライセンスコストも圧縮可能。
一元サポートでトラブル対応を迅速化
  • 障害時のハードとソフトの切り分け作業不要。
  • 当社内の実機環境を活用した解析作業により、迅速な問題解決が可能。
Oracle Enterprise Managerによる運用管理の効率化
Oracle Enterprise Managerを活用することで、監視・障害対応を簡易に行うことができるため、問題が顕在化する前のプロアクティブな対応が可能。

Oracle Exadataは本当に早いのか検証してみました

システムの性能課題が本当に解決できるのかを実際に確認いただくために、Exadata実機にて現行システムの実データとアプリケーションを使用した性能測定や、当社ノウハウを活かしたチューニングの実施が可能です。

処理名処理時間
現行環境Exadata
チューニングなし
チューニング実施後チューニング内容
データ抽出1時間2分44秒4分7秒25.0秒INDEXの無効化
およびパラレル度24

単純なDBの性能比較だけでなく、以下のような用途に応じた検証の実施も可能です。

Exadataをさらに使いやすく、安心安全な導入を実現するNTTデータ先端技術の取り組み

INTELLILINK Reference Architecture
~実績に基づく最適な設計を事前にご提供するリファレンスモデル~

Engineered Systemsの豊富な導入実績でのノウハウを活かしたリファレンスモデルを開発。
第一弾として、事前に設計されたセキュリティ機能をExadataの初期構築時に実装するサービスの提供を開始しています。

セキュリティ関連パラメーターを設計

  • 複数のセキュリティ基準やガイドラインを参照
  • 標準で設定可能なセキュリティパラメーターを確認

社内検証サーバーにて実装試験を実施

  • 各設定が意図したとおりに動作することを確認
  • 基本的な運用操作への影響がないことを確認

Oracle ExadataとHinemosの連携で運用管理をよりシンプルに

統合運用管理ソフトウェア「Hinemos」のOracle Exadata対応および導入支援サービスを開始。
Exadata上で稼働するOracle DBをはじめとした統合的な運用管理が低コストで実現可能。

図. HinemosによるOracle Exadataの運用管理

Hinemosとは

「監視」や「ジョブ」といった「運用業務の自動化」を実現し、オープンソースソフトウェアが持つコストメリットを最大限に活用できる統合運用管理ソフトウェア。
従来のオンプレミス環境に加え、仮想化・クラウド環境が混在する環境も、単一の操作画面から管理可能。
また、仮想化基盤・クラウドサービス・仮想ネットワークを含むマルチクラウド環境に対する一元的なコントロールを実現。
詳細はこちらよりご確認ください。http://www.hinemos.info/

Oracle Exadataを実際に試してみませんか?Oracle Engineered System Lab

Oracle Engineered System Labとは、最新のOracle Engineered Systemsを設置し、お客様に実機環境をご利用いただくための検証用施設です。
導入前のPoC(事前検証)による導入効果の可視化や、パフォーマンス検証およびパッチ適用の際の事前確認など、お客様のニーズに合わせてご利用いただけます。

Oracle Engineered System Lab

活用例

  • Oracle Exadataのパフォーマンス検証
  • Big Data SQLシナリオ別検証
  • Zero Data Loss Recovery Applianceパフォーマンス検証
  • パッチ適用/バージョンアップの事前確認

関連サービス