現在地

Oracleライセンス購入ガイド - ライセンスのカウント方法

マルチコアCPU利用時のライセンスカウント

  • ライセンスが必要なプロセッサー数をカウントする場合、稼動する全ての「物理的」なプロセッサーをカウントします。
  • ただし、Oracle Database Enterprise Editionにおいて、ひとつのチップ上に複数のコアをもつ「マルチコア・プロセッサー」が搭載されているハードウェアでご利用頂く場合には、総コア数に係数を乗じた数(小数点以下端数切り上げ)が必要ライセンス数となります。
    • Oracle Database Standard Edition 2の場合には、マルチコア・プロセッサーであっても実搭載プロセッサー数が必要ライセンス数となります。
  • 下表は代表的なCPUとその適用係数となります。
マルチコア・プロセッサー種類※1適用係数※1
SPARC T5 processor0.5
Intel Xeon Processor0.5
POWER 81.0

※1 上記は記載時点の情報であり、各社が提供しているCPUの一例となります。同じメーカー様でもシリーズ等による 適用係数の違いがありますので、詳細は日本オラクルのホームページより「Oracle Processor Core Factor Table」をご参照ください

マルチコアプロセッサー利用時のDBEE必要ライセンス例

例1:コアの適用係数 0.5 のマルチコア・プロセッサー

例:Intel Xeon系マルチコアチップ 4ソケット、クアッドコア搭載の場合

必要ライセンス数:
4ソケット x 4コア x 0.5 = 8 Processor

※最少ユーザー数は 25NUP x 8 = 200NUP (EE)

例2:コアの適用係数 1.0 のマルチコア・プロセッサー

例:IBM Power8 2ソケット、8コア搭載の場合

必要ライセンス数:
2ソケット x 8コア x 1.0 = 16 Processor

※最少ユーザー数は 25NUP x 16 = 400NUP (EE)

例3:Real Application Clusters (RAC)構成の場合

RACを用いたクラスタシステム構成の場合、複数台のコンピューターで構成されるシステム全体をひとつのコンピューターと見なします。

例:RAC構成の場合

必要ライセンス数:
コアの適用係数 0.5の場合
トータル 24コア x 0.5 = 12 Processor

※最少ユーザー数は 25NUP x 12 = 300NUP (EE)