現在地

Oracleライセンス購入ガイド - Oracle Database製品ラインナップ

Oracle Database Enterprise Edition (DB EE)

パフォーマンス向上、可用性向上、セキュリティ強化などのさまざまな機能が利用できるデーターベースです。

  • 有償オプションの追加も可能です。
  • 最少ユーザー数は、25NUP/1Processorです。
  • マルチコアプロセッサーをご利用の場合、コア係数の適用が必要です。

Oracle Database Standard Edition 2 (DB SE2)

手ごろな価格で必要な機能を備えたデータベースです。

  • 適用可能ハードウェア(H/W)の制限があります。
  • 制限付でOracle Real Application Clusters (RAC)が利用できます。
  • 最少ユーザー数は、10NUP/1コンピューターです。

特長

  • Oracle Database Standard Edition 2 は、最大搭載可能プロセッサー数が2(2ソケット)※1のサーバーに対してのみ、使用権が許諾されます。
  • RAC構成の場合は1CPU(プロセッサー) x 2ノードの構成で利用可能です。 適用可能なサーバーは最大2ソケットで変わりません。
  • 許諾されたライセンス数に関わらず、各 Oracle Database Standard Edition 2 データベースは、常時1インスタンスあたり最大16CPUスレッド※2を使用することができます。
  • RAC構成の場合、各 Oracle Database Standard Edition 2 データベースは常時1インスタンスあたり最大8CPUスレッドを使用することができます。
  • お客さまがNamed User Plus(NUP)ライセンスを注文する場合、1台のサーバを使用するユーザー数が10名未満でも10NUPが必要となります。
  • ※1:最大搭載可能プロセッサー数(ソケット)については、以下URLの用語解説内、Processorライセンス項目も併せてご参照ください。
    http://www.oracle.com/jp/corporate/pricing/word/index.html
  • ※2:CPUスレッドは、搭載されているCPUコア数とは必ずしも同一ではなく、例えばインテル社のCPUを搭載し、そのCPUでハイパー・スレッディングが 有効な場合、OSが認識している論理的なCPUコアを指します。SE2でのCPUスレッドの制限はOracle Database 12c(12.1.0.2以降)のソフトウェアでの技術的な制限として実装されおり、お客さまで設定いただく必要はありません。

Standard Edition 2 (SE2) ご利用可否例

サーバー構成イメージ Case1
Case2
Case3
Case4
最大搭載可能プロセッサー数
(ソケット数)
1224
実搭載プロセッサー数
1122
SE2利用可否×
SE2でのRAC利用可否
(上記マシン2台でのRAC構成)
××
補足搭載可能プロセッサー数が2(2ソケット)以内のため、SE2、SE2RACいずれも利用可能です。搭載可能プロセッサー数が2(2ソケット)以内のため、SE2、SE2RACいずれも利用可能です。SE2RAC構成は1CPU(プロセッサー) x 2ノードの構成のみ可能なので、利用できません。搭載可能プロセッサー数が2(2ソケット)以上のため、SE2/SE2RAC いずれも利用できません。

Oracle Database製品の価格

製品名価格単位ライセンス価格サポート価格
Oracle Database Enterprise EditionNamed User Plus114,000円25,080円
Processor5,700,000円1,254,000円
Oracle Database Standard Edition 2Named User Plus42,000円9,240円
Processor2,100,000円462,000円

・価格はすべて税抜き価格です。
・価格は記載時点のものです。最新の価格は、当社営業担当までお問い合わせください。