現在地

Oracleライセンス購入ガイド - ライセンスの種類

種類について

Oracle製品のライセンスは以下の2種類から一つを選択します

Processorライセンス

Oracle製品がインストールされるサーバーに搭載されているプロセッサー数で算出

※マルチコアプロセッサーの場合はコア係数の適用が必要

Named User Plus(NUP)ライセンス

使用するユーザーの数に比例したライセンスです。一般的にユーザー数が少ない場合に有利です。
Oracle製品がインストールされるサーバーに アクセスする可能性がある全ての使用者の数で算出

※同時接続数、クライアント台数などはカウントしません

Oracleのサーバー製品のライセンスはサーバーに対するライセンス許諾になります

  • このOracle製品がインストールされているハードウェアのCPUの枚数は?⇒
    Processorライセンス
  • このOracle製品を何人で使うか?⇒ NUPライセンス

システムAとシステムB、それぞれにサーバーを用意した場合

サーバー単位でライセンスが発生するため、必要なライセンスは

  • サーバー1 DB SE2 10NUP
  • サーバー2 DB SE2 10NUP

合計 DB SE2 20NUP

サーバーを1台にまとめ、インスタンスを分け、システムAとシステムBを同居させた場合

サーバー単位でライセンスが発生するため、必要なライセンスは

  • サーバー1台 DB SE2 10NUP

合計 DB SE2 10NUP